Firefox Quantumのメモリ消費量比較と古いアドオンの振る舞い

Firefox Quantum(Firefox 57)とFirefox 56のベンチマーク比較とWebExtension非対応アドオンの振る舞いです。

スポンサーリンク

Firefox Quantumについて

Firefox Quantumの変更点や違いなどは次の記事を参照してください。

Firefox Quantum(Firefox 57)を早速使ってみた | ハルパスFirefox Quantum(Firefox 57)を早速使ってみた | ハルパス

Firefox Quantumのリソース使用量

以下の状態、タスクマネージャーの計測値です。

  • インストール後、素の状態(5分ほど放置)
  • アドオンを3つインストールした状態(uBlock Origin、Cisco WebEx Extension、Ghostery)
  • 当サイト人気記事10ページを開いた状態(アドオンはそのまま)

 インストール直後+3アドオンアドオン+タブ10
Firefox Quantum
(Firefox 57.0b4、64bit)
4プロセス
154MB
5プロセス
265MB
7プロセス
567MB
Firefox 安定版
(Firefox 56.0、64bit)
4プロセス
155MB
4プロセス
268MB
7プロセス
598MB
※メモリ消費量はプロセス合計値

既に64bit版を使用中で、アドオンもWebExtensions対応のみ(=マルチプロセスが有効)の場合はほとんど変化がないようです。


WebExtension非対応アドオンはどうなる

自動的に無効化され、アドオン一覧にも表示されなくなります。

引き続き使用したい場合はWaterfox等の派生ブラウザに移行する必要があります。

参考:古いアドオンもこれまで通り使える「Waterfox」への移行方法と日本語化 | ハルパス

上部の「旧式の拡張機能を表示」をクリックすると、無効化されたアドオンが表示されますが、有効にすることはできません。

また、「代わりにアドオンを探す」をクリックすると、代替アドオンの候補が表示されます。

例:Adblock Plusを選択した場合

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です