Microsoft Visual C++ 2005 SP1のインストール方法

一部のフリーソフトを起動する際に必要なMicrosoft Visual C++ 2005 SP1のインストール方法のご紹介です。

Microsoft Visual C++ 2005 SP1 (6)

スポンサーリンク

Microsoft Visual C++とは?

Microsoft Visual C++は、米マイクロソフトが開発したアプリケーションソフトを作成するための環境です。

C++(シープラプラ)というプログラミング言語を使用して、アプリケーションを作成するためのソフトウェアで、.NET Frameworkと並びフリーソフトではよく使用されているツールです。

Microsoft Visual C++というツールで作成されてアプリケーションを使用するには、ランタイムというプログラムが必要です。

今回はこのランタイムをインストールする方法を紹介します。

なお、2005は2005年版、SP1はService Pack1を表します。

Microsoft Visual C++ 2005 SP1のインストール方法

  1. マイクロソフト公式ダウンロードセンターからMicrosoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)をダウンロード(64bitOS版はこちら
    Microsoft Visual C++ 2005 SP1 (1)
  2. ダウンロードしたvcredist_x86.exeを実行(64bit版はvcredist_x64.exe
    Microsoft Visual C++ 2005 SP1 (2)
  3. セキュリティの警告が表示されますが、実行(R)をクリック
    Microsoft Visual C++ 2005 SP1 (3)
  4. ライセンス合意に同意し、はい(Y)をクリック
    Microsoft Visual C++ 2005 SP1 (4)
  5. ユーザアカウント制御が表示されますが、はい(Y)をクリック
    Microsoft Visual C++ 2005 SP1 (5)
  6. インストールが開始されます。
    Microsoft Visual C++ 2005 SP1 (6)
  7. ウィンドウが消えたらインストールは完了です。(完了画面は表示されません。)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です