【Firefox】カスタム検索エンジンをインポート・エクスポートする方法

Firefoxに追加した独自のカスタム検索エンジンを XMLファイルとして扱うことができるFirefoxアドオン「XML Search Engines Exporter/Importer」のご紹介です。

スポンサーリンク

XML Search Engines Exporter/Importerとは?

XML Search Engines Exporter/Importerとは、Firefoxにカスタム検索エンジンのインポート・エクスポート機能を追加するFirefoxアドオンです。

アドレスバー右横に表示される検索バーには、初期状態で主要サイトの検索エンジンが設定されていますが、この検索エンジンには自分好みの検索エンジンを追加することが可能で、その独自の追加した検索エンジンが「カスタム検索エンジン」です。

Firefoxに設定している検索エンジンは、カスタム検索エンジンを含め、すべて「オプション」の「検索」で管理されています。

「検索」ページでは検索エンジンの並び替えや不要な検索エンジンを削除することが可能ですが、検索エンジンのインポート / エクスポートには対応していません。

そのため、追加した検索エンジンを他のFirefoxにもコピーしたい場合は「XML Search Engines Exporter/Importer」などのアドオンをインストールすることが必要です。

XML Search Engines Exporter/Importerは、検索エンジンをXMLファイルとしてエクスポートすることが可能で、エクスポートしたXMLファイルは他のFirefoxにそのままインストールすることが可能です。

XML Search Engines Exporter/Importerの機能、できること

  • Firefoxに設定されている検索エンジンをXMLファイルとしてエクスポート
  • Firefoxに設定されているすべての検索エンジンのバックアップ
  • 検索エンジン用XMLファイルのインポート

インストール方法

  1. アドオン配布ページ(Firefox公式)にアクセスし、Firefoxへ追加をクリック
  2. インストール(I)をクリック
  3. 今すぐ再起動(R)をクリックして、Firefoxを再起動したらインストールは完了です。

使い方

ウィンドウ右上のメニューボタンをクリックし、「オプション」を選択

検索」をクリック

エクスポートしたい検索エンジンを選択して、右下の [Export File(E)…] をクリックすると、検索エンジンがエクスポートされます。

その下にあるボタンは、左側がXMLファイルのインポート、右側がすべての検索エンジンをエクスポート(zipファイルとして)です。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です