IPv6対応のパブリックDNSサーバの一覧

IPv6に対応した「パブリックDNSサーバサービス」の一覧です。

URL-IPv6-dns

スポンサーリンク

DNSとは?

Domain Name System(DNS)」は、IPアドレスとドメイン名の相互変換を行なう分散型データベースシステムです。

現在使用されているIPアドレスはIPv4は主流ですが、急速なインターネットの普及により「IPアドレス枯渇問題」が発生しており、その解決策として「IPv6」が利用され始めています。

今回はそのIPv6の変換に対応したパブリックDNSサーバの一覧です。なお、DNSサーバの変更方法は次の記事を参照して下さい。

【Windows】簡単にDNSサーバを変更できるソフトウェア「DNS Jumper」 | ハルパス【Windows】簡単にDNSサーバを変更できるソフトウェア「DNS Jumper」 | ハルパス

Google Public DNS

検索エンジン最大手の「Google」が運営をするDNSサーバです。独自のキャッシュシステムで高速な変換が特徴です。迷ったらコレにしておくと良いでしょう。

優先DNSサーバのアドレスは

2001:4860:4860::8888

代替DNSサーバのアドレスは

2001:4860:4860::8844

になります。


OpenDNS

安全で高速なDNSを目的とした無料DNSサーバです。タイプミスや危険なサイトへの閲覧をブロックする機能が備わっています。

優先DNSサーバのアドレスは

2620:0:ccc::2

代替DNSサーバのアドレスは

2620:0:ccd::2

になります。


Yandex.DNS

ロシア最大の検索エンジン「Yandex」が運営をするDNSサーバです。世界各国に80以上のDNSサーバを設置しています。

DNSサーバのアドレスは

 速度(基本)セキュリティセキュリティとポルノと
アダルトコンテンツ
優先DNSサーバ2a02:6b8::feed:0ff2a02:6b8::feed:bad 2a02:6b8::feed:a11
代替DNSサーバ2a02:6b8:0:1::feed:0ff2a02:6b8:0:1::feed:bad2a02:6b8:0:1::feed:a11

OpenNIC

ボランティア団体によって運営されるDNSサーバです。「OpenNIC プロジェクト」によって世界中で無料DNSサーバを提供しています。

優先DNSサーバのアドレスは

2002:d857:54d2:2:20e:2eff:fe63:d4a9

代替DNSサーバのアドレスは

2001:470:1f07:38b::1

になります。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です