【Windows】簡単にDNSサーバを変更できるソフトウェア「DNS Jumper」

速度測定機能を持ち、WindowsのDNS サーバー設定を簡単に変更可能な「DNS Jumper」のご紹介です。

DnsJumper (11)

スポンサーリンク

DNSとは?

DNSとは、「Domain Name System」の略で、IPアドレスとドメイン名の相互変換を行なう、インターネットを利用する上で欠かせないサービスです。

DNSはネットを利用する際には絶対に利用している仕組みで、これが遅いとWebページの表示も当然遅くなります。

詳しくは次の記事を参照して下さい。


DNS Jumper

DNS Jumperは、WindowsのDNSサーバ設定を簡単に変更可能なDNS チェンジャーです。

非常駐型のためインストールが不要でシンプルです。

日本語に完全対応しており、主要な無料DNSサーバの速度測定機能を持っています。


DNS Jumperの機能・特徴

  • Windows XP、Vista、7、8で利用可能
  • 64bit版OSでも動作
  • インストール不要なポータブル型
  • 主要な無料DNSサーバの速度測定機能
  • IPv6のDNSサーバに対応
  • 日本語を含めた多言語対応
  • レジストリ未使用で汚しません
  • シンプルです。

DNS Jumperのインストール

  1. 公式サイトから最新版のDNS Jumperをダウンロード
    DnsJumper (7)
  2. ダウンロードしたDnsJumper_v1.0.6.zipを解凍
    DnsJumper (8)
  3. 解凍したファイルの中のDnsJumper.exeを実行
    DnsJumper (9)
  4. ユーザーアカウント制御が出ますが、はいをクリック
    DnsJumper (10)
  5. 以上でインストールは完了です。
    DnsJumper (11)

DNS Jumperの使い方

赤色で塗りつぶしてある部分に使用したいDNSサーバのIPアドレスを記入して、「DNSを適用」をクリックするだけです。

DnsJumper (11)

無料DNSサーバの速度測定をしたい場合は、「最速DNS」をクリックして、測定したいサーバにチェックを入れ「最速のDNSを検索」をクリックします。

DnsJumper (12)

測定したいDNSをを追加することも可能です。

DnsJumper (1)

おすすめの無料DNSサーバは次の記事を参照して下さい。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です