プロバイダのDNSサーバ障害が発生した場合の対処法

最近急激している「プロバイダのDNSサーバ障害」が発生した場合の一時的な対処方法のご紹介です。

ISP-DNS-Server-Down

スポンサーリンク

この記事について

この記事では、OCN や So-net といったプロバイダのDNSサーバ障害が発生した際の対処法をご説明します。

具体的にはパソコンのDNSサーバ設定を「プロバイダのDNSサーバ」から「GoogleのDNSサーバ(Google Public DNS)」に変更する方法となります。

※Google Public DNS はGoogleが無償提供しているパブリックDNSサービスで、自由に使用することができます。

DNSサーバとは?

DNSサーバとは簡単にいうと、どのサーバがどこにあるのかを教えてくれるインターネット界における案内人です。DNSサーバに障害が起きると、インターネットに繋がっていても、どのサーバに繋げば良いか分からないため、ウェブページが表示できなくなります。

また、DNS情報は国際組織(ICANN)によって管理されており、プロバイダやGoogleのDNSサーバはそのコピーに過ぎません。

  1. Windows7の場合
  2. Windows8の場合
  3. Windows10の場合

Windows7の場合

  1. スタートボタンをクリックし、コントロールパネルをクリック
    DNS-Server-Change-windows7 (1)
  2. ネットワークの状態とタスクの表示をクリック
    DNS-Server-Change-windows7 (2)
  3. アダプターの設定を変更をクリック
    DNS-Server-Change-windows7 (3)
  4. ローカルエリア接続(環境によって異なる場合あり)を右クリックし、プロパティ(R)をクリック
    DNS-Server-Change-windows7 (5)
  5. インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」をクリック(選択)
    DNS-Server-Change-windows7 (19)
  6. プロパティ(R)をクリック
    DNS-Server-Change-windows7 (6)
  7. 次のDNSサーバのアドレスを使う(E)をクリック
    DNS-Server-Change-windows7 (18)
  8. 優先DNSサーバ(P)に「 8.8.8.8 」、代替DNSサーバに「 8.8.4.4 」と入力し、OKをクリック
    DNS-Server-Change-windows7 (8)
  9. 閉じるをクリックすれば完了です。
    DNS-Server-Change-windows7 (9)

Windows8の場合

  1. スタートボタン右クリックし、コントロールパネル(P)をクリック
    DNS-Server-Change-windows8 (1)
  2. ネットワークの状態とタスクの表示をクリック
    DNS-Server-Change-windows8 (2)
  3. アダプターの設定を変更をクリック
    DNS-Server-Change-windows8 (3)
  4. Ethernet0(環境によって異なる場合あり)を右クリックし、プロパティ(R)をクリック
    DNS-Server-Change-windows8 (5)
  5. スクロールバーを下に移動
    DNS-Server-Change-windows8 (6)
  6. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」をクリック(選択)し、プロパティ(R)をクリック
    DNS-Server-Change-windows8 (17)
  7. 次のDNSサーバのアドレスを使う(E)をクリック
    DNS-Server-Change-windows8 (19)
  8. 優先DNSサーバ(P)に「 8.8.8.8 」、代替DNSサーバに「 8.8.4.4 」と入力し、OKをクリック
    DNS-Server-Change-windows8 (9)
  9. 閉じるをクリックすれば完了です。
    DNS-Server-Change-windows8 (10)

Windows10の場合

  1. スタートボタン右クリックし、設定(N)をクリック
  2. ネットワークとインターネットをクリック
  3. アダプターのオプションを変更するをクリック
  4. Ethernet0(環境によって異なる場合あり)を右クリックし、プロパティ(R)をクリック
    DNS-Server-Change-windows10 (4)
  5. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」をクリック(選択)し、プロパティ(R)をクリック
    DNS-Server-Change-windows10 (5)
  6. 次のDNSサーバのアドレスを使う(E)をクリック
    DNS-Server-Change-windows10 (6)
  7. 優先DNSサーバ(P)に「 8.8.8.8 」、代替DNSサーバに「 8.8.4.4 」と入力し、OKをクリック
    DNS-Server-Change-windows10 (7)
  8. 閉じるをクリックすれば完了です。
    DNS-Server-Change-windows10 (8)

更新履歴

  • 6月22日 Windows10の仕様変更に伴い内容を更新しました。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です