【Firefox】アドオンなしでJavaScriptを無効化

FirefoxでJavaScriptをNoScript Security Suiteなどのアドオンなしで手軽に無効化する方法です。
mozilla-firefox-logo

スポンサーリンク

JavaScriptとは

Firefox公式サイトによると

JavaScript は、Web ページで使用される標準的なプログラミング言語です。JavaScript は、メニューや効果音など、その他の対話的な機能を Web ページで提供するために使用されます。Firefox の初期設定では JavaScript の使用が有効になっています。追加のインストールは必要ありません。

JavaScript 設定 | Firefox ヘルプ


JavaScript無効化アドオンの長所と短所

NoScript Security SuiteGhostery を代表とするアドオンを使用する場合と今回紹介する about:config を使用した場合の、長所と短所をご説明したいと思います

アドオンを使用する場合

長所 : ドメインレベルで有効、無効が可能

短所 : 構造上Firefoxの起動や動作を重くする。

about:configで設定する場合

長所 : アドオンを使用しないので起動や動作が重くなりにくい。

短所 : 個別に有効・無効の設定ができない。


設定方法

  1. URL欄に about:config と入力
    Firefox-about_config
  2. 動作保証外に~と出ますが、細心を払って使用するをクリック
    firefox (4)
  3. 左上の検索欄に javascript.enabled と入力
    f250f1fd
  4. 表示された javascript.enabledの上でダブリクリック
    JavaScript (2)
  5. 値が false になっていれば完了です。Firefoxの再起動は必要ありません。
    JavaScript (1)

有効、無効の確認

以下に確認のコードを組み込んでいます。ご利用下さい。
※ページを更新してから設定が適用されているか確認して下さい。


結論(個人的な)

JavaScriptを無効化したい頻度が少ないではあれば、今回説明した about:config で設定する方法をオススメします。

アドオンを使用するとどうしても動作が重くなってしまいますし、about:configの場合は設定方法で説明したようにFirefoxの再起動なしで有効、無効の設定が適用されますので、設定の変更が手軽に可能です。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です