スポンサーリンク

【対処法】VCRUNTIME140.dll が見つからないため、コードの実行を続行できません。

「VCRUNTIME140.dll が見つからないため、コードの実行を続行できません。プログラムを再インストールすると、この問題が解決する可能性があります。」と表示されてプログラムが実行できない。

スポンサーリンク

状況

プログラムを実行すると、以下のようなエラーが表示されてプログラムが実行できない。

httpd.exe – システム エラー

VCRUNTIME140.dll が見つからないため、コードの実行を続行できません。プログラムを再インストールすると、この問題が解決する可能性があります。

[OK]

原因と対処法

このエラーは、Visual Studio C++ 2015という開発環境で作成されたソフトウェアの実行時に発生します。

該当環境で作成されたソフトは実行にランタイムというプログラムが必要ですがインストールされていないので、その旨のエラーが表示されています。

よって、Visual Studio C++ 2015のランタイムをインストールすれば解決します。

なお、ランタイムは無料です。

ランタイムのインストール方法

  1. マイクロソフト公式ダウンロードセンターにアクセスし、ダウンロード をクリック
  2. ソフトウェアが32bitならvcredist_x86.exe、64bitならvcredist_x64.exeを選択し、右下の 次へをクリックしてダウンロード(分からない場合は両方選択)
  3. ダウンロードしたvc_redist.x86.exe(vc_redist.x64.exe)を実行
  4. ライセンス条項および使用条件に同意する(A)」をチェックし、インストールをクリック
  5. ユーザアカウント制御が表示されるので、はいをクリック
  6. しばらく待ちます。
  7. [閉じる(C)] をクリックすれば完了です。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信できない場合は、@halpas_blogもしくはお問い合わせにご連絡ください。