スポンサーリンク

Cyberfoxのサポートは終了済み、移行先はWaterfoxがオススメ

Firefox派生ブラウザ「Cyberfox」は2018年6月にサポート終了済みで、FirefoxかWaterfoxへの移行が必要です。

スポンサーリンク

Cyberfoxは既にサポートを終了している

64bit版OSへの最適化が特徴の「Cyberfox」は、長い間、Firefox派生のウェブブラウザとして愛されてきました。

当サイトでも、高いパフォーマンスとセキュリティの良さから、インストール方法や日本語化方法など複数の記事を公開しています。

しかし、Cyberfoxは2018年6月に公開された Cyberfox v52.9.1 を最後にアップデートを終了しています。

公式サイト(cyberfox.8pecxstudios.com)も既に閉鎖済みで、セキュリティアップデートを含む今後一切のサポートはありません。

最後のアップデートが公開された2018年6月以降も、派生元となる Firefox では多数のセキュリティアップデートが公開済みで、セキュリティ上非常に危険な状態です。

同様にセキュリティアップデートが終了した Windows XP に比べ、インターネット接続が前提のウェブブラウザのため、例外なく、削除(アインストール)することを、強くオススメします。

起動しない場合でも、他のソフトウェア経由で起動する場合があるため、アンインストールしてください。


移行先について

本家Firefox もしくは Waterfox への移行をオススメします。

選び方としては、特に絶対使い続けたいアドオンがなければ、昔に比べパフォーマンスが大幅に向上した本家Firefoxがオススメです。

使い続けたいアドオンがあり、Firefox Quantumに対応していない場合は、レガシーアドオンのサポートで有名なWaterfoxがオススメです。

パフォーマンスに優れた本家Firefox

本家Firefoxは、2017年11月に「Firefox Quantum」という名称で大型アップデートされ、パフォーマンスが大幅に向上しましたが、その代償としてそれまで公開されていたFirefoxアドオンが使えなくなりました。

参考:Firefox Quantum(Firefox 57)を早速使ってみた | ハルパス

現在は、代替アドオン(旧アドオン名に WE が)が揃いつつありますが、高速化のため制限された機能が原因で、代替アドオンが公開されていない場合もあります。

古いアドオンが使える「Waterfox」

Waterfoxは、「Firefox Quantum」で使えなくなった古いアドオン(レガシーアドオン)を使い続けることができるFirefox派生ブラウザです。

参考:古いアドオンもこれまで通り使える「Waterfox」への移行方法と日本語化 | ハルパス

「Firefox Quantum」公開以前より、本家Firefoxで廃止になった機能のサポートで一部有名でしたが、レガシーアドオンのサポートを表明したことで一躍有名になりました。

Firefoxをベースとしている関係で、全てのアドオンが使えるわけではありませんが、ほとんどのアドオンを使い続けることができます。

短所としては、古いアドオンを使い続けるために、本家に比べ動作が遅いです。

なお、Cyberfox同様に64bit版OSしかサポートしていません。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信できない場合は、@halpas_blogもしくはお問い合わせにご連絡ください。