スポンサーリンク

【Firefox】邪魔な「検索結果 ウェブ検索結果」を自動削除する方法

Googleの検索結果をコピーした際に自動的に挿入される「検索結果 ウェブ検索結果」を自動削除することができるFirefoxアドオン「FoxReplace」の紹介です。

スポンサーリンク

コピーすると追加される「検索結果 ウェブ検索結果」

Googleの検索結果をコピーすると、コピーした文字の最初に「検索結果 ウェブ検索結果」という文字列が追加されます。

この動きは、Google検索の正常な仕様で、Firefoxに限らず、Google Chrome などの他ブラウザでも発生します。

参考:検索結果 ウェブ検索結果とは (ケンサクケッカウェブケンサクケッカとは) [単語記事] – ニコニコ大百科


FoxReplaceとは?

FoxReplaceは、ウェブページに表示されている文字を自動置換することができるFirefoxアドオンです。

Google検索で追加される邪魔な文字列は、実は見えない部分に「検索結果 ウェブ検索結果」という文字が隠されていて、コピーした際のその文字列も選択されているため発生します。

そのため、FoxReplaceでその隠された文字を置換(削除)することで、コピーした際に「検索結果 ウェブ検索結果」が追加されることを防ぐことができます。


インストール方法

  1. アドオン配布ページ(Firefox公式)にアクセスし、Firefoxへ追加をクリック
  2. 追加(A)をクリック
  3. 右側のOKをクリックしたら完了です。

FoxReplaceのセットアップ

FoxReplaceをインストールしただけでは、邪魔な文字列は削除されません。

テンプレートを用意しているため、手順の通りインポートと設定をONにしてください。

「検索結果 ウェブ検索結果」を削除するテンプレート追加方法

  1. 右上メニューバーのアイコンをクリックし、「Options...」を選択
  2. Import from URL」をクリック
  3.  https://tools.halpas.com/develop/FoxReplace_Remove_Web_Search_Results.json と入力して、「Import and append」をクリック
  4. 正常に追加されると、以下のようになります。
  5. Apply automatic substitutions on page load」をチェック
  6. 以上でテンプレートの追加は完了です。

今後は、Googleの検索結果をコピーしても、次のような邪魔な文字列が追加されず、

次のような選択した文字だけがコピーされるようになります。


テンプレートの中身

次のページを表示している場合、

  • https://www.google.com/search

次の文字列を置換(削除)するです。

  • ウェブ検索結果
  • 検索結果

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信できない場合は、@halpas_blogもしくはお問い合わせにご連絡ください。