Avira Connectについて。無効・アンインストール方法

「Avira Free Antivirus」をインストールすると、自動的にインストールされる「Avira Connect」の非表示方法や無効にする方法、アンインストール方法のご紹介です。

スポンサーリンク

Avira Connectとは?

Avira Connectは、Aviraが提供する各ソフトにアクセスするためのランチャーソフトの一種で、少し前まではAvira Launcherという名称でした。

参考:安全にAvira Launcherをアンインストールする方法 | ハルパス

Avira Launcher同様に「Avira Free Antivirus」をインストールするといつの間にかインストールされますが、Avira Free Antivirusだけを使うのであればそれほど必要ありません。

タスクトレイに常駐しますが、直接Avira Free Antivirusの設定が開けるわけでもなく、アンインストールしてもAvira Free Antivirusの動作に影響を与えないため、必要性を感じないのであればアンインストールしても良さそうです。


アンインストールする方法

Avira Connectをコントロールパネルからアンインストールしようとしても、以下のようなエラーが表示されてアンインストールできません。

Avira Connect cannot be uninstalled, because it is required by following applications:
– Free Antivirus

サービスを停止することでアンインストールすることができますが、再起動すると復活するため、アンインストールは不可能と考えた方が良さそうです。


無効化・タスクトレイから消す方法

アンインストールができないのであれば、Avira Launcher同様に無効化するしかありません。

無効化するとタスクトレイにAviraのアイコンが表示されなくなるデメリットがありますが、アンチウイルス機能は正常に動作します。

Avira Connectを無効にする方法

  1. スタートボタンをクリックし msconfig で検索する
    Start of Windows Service (1)
  2. 表示されるmsconfig.exeをクリック
    Startup Settings of Windows
  3. スタートアップタブを選択
    Startup Settings of Windows (2)
  4. Avira 左横のチェックを外し(Product~の方は触らない)
    How-to Disable Avira launcher (3)
  5. [OK] をクリック
    How-to Disable Avira launcher (4)
  6. 再起動(R)をクリックしたら、Avira Connectの無効化は完了です。
    How-to Disable Avira launcher (5)

Avira Free Antivirusの設定画面を開く

Avira Connectを無効化するとアイコンが表示されなくなります。

Avira Free Antivirusの設定画面を開きたい場合は、スタートボタンの「Avira Antivirusの開始」をクリックする必要があります。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です