スポンサーリンク

【ESET】別のライセンスで上書き更新するを方法

有効期限切れとなったESET Internet Securityのライセンスを別のライセンスキーで上書き更新する方法のご紹介です。

スポンサーリンク

ESETのライセンス切れ

ESET Internet Security」では、ライセンスが切れるとアップデートができなくなり、自動アップデートのたびにエラーが表示されます。

ライセンスが切れても一定期間はアップデートができないだけで、ウイルス検出機能は使用できますが、最新のウイルスを検出できないため、ほとんど意味はありません。

特に最近は、ウイルスが発見されてからウイルス対策メーカが検出パターンが作成するまでの、僅かな間に感染するケースが一般的となっているため、アップデートができないウイルス対策ソフトは無価値といって良いでしょう。

ESETではライセンスの有効期限が近づくと通知が表示されるため、表示された時点でライセンスの更新を行うと安全です。

画像のようにライセンスが切れ、アップデートができなくなったコンピュータは、直ちにライセンス更新を行うか、インターネットに繋がないようにしましょう。


ESETのライセンス更新

ESETのライセンスを更新する方法は2通りです。

  1. ライセンスの有効期限を延長更新する
  2. 新しいライセンスで上書き更新をする

1. の有効期限を延長更新する場合は、公式サイトから使用中のライセンスの延長をするだけのため、簡単ですが、定価となります。

参考:有効期限の延長(次年度更新)手続き |ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ

2. の新しいライセンスで上書き更新をする場合は、別のライセンスを使用するため少し手順が多いですが、Amazon等で安く買えるため、1.に比べ更新費用がお得となります。

今回は「2. 新しいライセンスで上書き更新をする」方法のご紹介となります。

なお、新しいライセンスを購入する方法は省きます。


ライセンスの上書き更新方法

  1. ESETのコントロールパネルを開き、「製品のアクティベーション」をクリック
  2. Sから始まる製品認証キーを入力し、続行をクリック
  3. ユーザアカウント制御が表示されるので、はい(Y)をクリック
  4. しばらく待ちます。
  5. アクティベーションをクリックすると、ライセンスキーが登録されます。
  6. 完了をクリックしたら完了です。

トラブルシューティング

アクティベーションに失敗しました。無効な製品認証キー

製品認証キーはSから始まる英数字で、Amazon等から届くシリアル番号(Jから始まる)や購入コード、EAVから始まるユーザー名とは異なります。

製品認証キーは、公式サイトでシリアル番号や購入コードを使ってユーザ登録することで発行され、直接ESETの更新はできません。

参考:新規ユーザー登録手順|ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です