スポンサーリンク

【裏ワザ】サーバダウンで見れないサイトを表示する方法

サーバダウンで一時的に見れないサイトを表示することができる「Googleキャッシュ」のご紹介です。

スポンサーリンク

サーバダウンで見れないサイトを表示する

Googleではキャッシュという機能を提供しています。

Google では、現在のページが表示されなくなった場合のバックアップとして各ページのスナップショットを作成します。これらのページは Google の「キャッシュ」の一部となり、ユーザーが [キャッシュ] をクリックすると、Google が保存したバージョンのサイトが表示されます。

Google 検索結果でキャッシュされているウェブページの表示 – Google 検索 ヘルプ

このキャッシュを利用することで、サーバダウンなどで見れないサイトを表示することができます。

キャッシュができることの例

  • サーバダウンで見れないサイトを表示する
  • 削除されて見れなくなったページを表示する
  • 少し前のページを表示する

キャッシュの制限事項

  • Googleがキャッシュした時点しか見れない
  • Googleがアクセスできないページは見れない
  • サイト側でキャッシュを禁止している場合は見れない
  • キャッシュされているのはテキストだけで、画像などは見れない

Googleキャッシュを表示する方法

Googleキャッシュを表示する方法は2つあります。

一つは、検索結果右横のキャッシュリンクをクリックする方法です。

もう一つは検索ワードに cache:ページURL と入力する方法です。

どちらの方法を使っても表示されるキャッシュは同じです。

キャッシュリンクを利用する場合の操作法

  1. 検索結果ページのタイトル右横にある▼をクリック
  2. キャッシュを選択
  3. キャッシュが表示されます。

すぐにページが表示されない場合

左上にある「テキストのみのバージョン」をクリックしてください。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です