Acrobat Reader DCをスリムにする小技

Acrobat Reader DCの右側を専有する「ツールパネルウィンドウ」を常に表示しないようにする方法のご紹介です。

スポンサーリンク

Acrobat Reader DCの「ツールパネルウィンドウ」

Acrobat Reader DCでPDFファイルを開くと、右側を「ツールパネルウィンドウ」が専有します。

このパネルでは主にPDFファイルの編集や変換を行う機能にアクセスすることができますが、PDFファイルを閲覧するだけであれば必要なく、場所を大幅に専有するため邪魔です。

よって、このページではツールパネルウィンドウを常に非表示にする方法をご紹介します。

なお、一時的に無効化するのであれば「表示」 → 「表示切り替え」 → 「ツールパネルウィンドウ」を選択すると表示されなくなります。

ツールパネルウィンドウを消し去る方法

  1. C:\Program Files\Adobe\Acrobat Reader DC\Reader\AcroApp にある JPN フォルダの名前を JPN-BACKUP に変更
  2. アクセス許可が必要なため、[続行(C)] をクリック
  3. 次のようになっていれば完了です。

今後はツールパネルウィンドウが表示されないシンプルな状態で起動するようになります。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です