【Firefox】Cacheをメインメモリ上に保存する方法

Firefoxのキャッシュ(Cache)の保存場所をメインメモリ(RAM)に設定する方法のご紹介です。

mozilla-firefox-logo

スポンサーリンク

Cacheとは?

Firefoxを含めたウェブブラウザには、一度訪れたサイトのデータ(このデータがCache)をHDD(SSD)内に保存し、次回同じサイトを訪れたとき、保存されたデータを読み込むことでサイトの表示を早める機能が備わっています。

しかし、保存されたデータは次第に増加しディスク容量を専有します。また、ログイン情報などの個人情報も保存されることがあるので、セキュリティ上あまりよろしくありません。

よって、今回は起動のたびにデータが消去されるメインメモリ上にCacheを保存する方法です。

前回は、Ramdiskに保存する方法を紹介しましたが今回はRamdiskがない方向けの内容です。

RamDiskに保存する方法は次の記事をを参照ください

【Firefox】cacheの保存場所をRamDiskにする方法 | ハルパス【Firefox】cacheの保存場所をRamDiskにする方法 | ハルパス

キャッシュの保存先をRAMに設定する方法

  1. URL欄に about:config と入力
    Firefox-about_config
  2. 動作保証外になります!と警告されますが、細心を払って使用するをクリック
    Firefox Warning
  3. 検索欄に browser.cache.disk.enable と入力
    Firefox Cache in RAM (1)
  4. 表示された browser.cache.disk.enable の上でダブリクリック(値がfalseになればOK)
    Firefox Cache in RAM (2)
  5. 左上の検索欄に browser.cache.memory.capacity と入力
    Firefox Cache in RAM (3)
  6. 何もない部分で右クリック、 新規作成 ▶  →  整数値(I) を選択
    Firefox Cache in RAM (4)
  7. browser.cache.memory.capacity と入力して、OKをクリック
    Firefox Cache in RAM (5)
  8. Cacheの保存容量をKB単位で指定して、OKをクリック
    (ここではメモリ量に合わせて動的に変更する -1 を指定)
    Firefox Cache in RAM (6)
  9. 以下のようになっていれば完了です。
    Firefox Cache in RAM (7)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です