Heartbleed対策済みの定番FTPクライアント「FFFTP」

2014年4月に発見されたOpenSSLのバグ「Heartbleed」の修正が施された定番FTPクライアント「FFFTP」のご紹介です。
heartbleed

スポンサーリンク

Heartbleedとは?

「Heartbleed(ハートブリード)」は、オープンソースの暗号化ライブラリ「OpenSSL」で発見された脆弱性です。

2014年4月に発見されたこの致命的な欠陥によって、外部の第3者が「秘密情報」を閲覧することが可能となっていました。

現在は、修正済みの「OpenSSL」が公開されています。


FFFTPとは?

FFFTPは、ファイル転送の際に使用されるFTPクライアントソフトウェアです。

主にウェブページをサーバにアップロードする際に利用されるファイル転送ソフトウェアの一種で、定番FTPクライアントソフトとして有名です。

このソフトにも暗号通信を利用するために「OpenSSL」が利用されています。正式公開版は「1.98g」で、このバージョンで使用されているOpenSSLはHeartbleedが存在します。

現在、緊急アップデートとして修正済みのバージョン(1.98g2 )が公開されていますので、該当のものを利用されている方はアップデートをおすすめします。

【追記】 次期バージョンとなる1.99βが公開されました。


FFFTPのインストール方法・アップデート方法

  1. SourceForge.JPより最新版のFFFTPをダウンロード
    FFFTP (1)
  2. ダウンロードしたffftp-1.98g2.exeを実行
    FFFTP (2)
  3. ユーザーアカウント制御が出ますが、はい(Y)をクリック
    FFFTP (3)
  4. 次へ(N)>をクリック
    FFFTP (4)
  5. 次へ(N)>をクリック
    FFFTP (5)
  6. 次へ(N)>をクリック
    FFFTP (6)
  7. 次へ(N)>をクリック
    FFFTP (7)
  8. 完了をクリック
    FFFTP (9)

 

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です