スティック型PCの「m-Stick MS-NH1」と「Intel Compute Stick」のスペック比較表

スティック型超小型PCであるマウスコンピューターの「m-Stick MS-NH1」と米インテルの「Intel Compute Stick」のスペック比較表です。

Intel Compute Stick

スポンサーリンク


 m-Stick MS-NH1Windows 8.1 Compute Stick
(Windows搭載モデル)
Linux Computer Stick
(Linux搭載モデル)
CPUAtom Z3735F
(4コア 1.33/1.83GHz)
Atom Z3735F
(4コア 1.33/1.83GHz)
Atom Z3735F
(4コア 1.33/1.83GHz)
GPUIntel HD GraphicsIntel HD GraphicsIntel HD Graphics
メモリ2GB2GB1GB
ストレージ32GB eMMC32GB eMMC8GB eMMC
ネットワーク802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
外部映像出力HDMIHDMIHDMI
サイズ100 × 38 × 9.8mm103.4 × 37.6 × 12.5mm103.4 × 37.6 × 12.5mm
重さ44g42g42g
消費電力2.5W不明不明
外部
インターフェース
USB 2.0
microSDカードリーダ
Micro USB
USB 2.0
microSDカードリーダ
Micro USB
USB 2.0
microSDカードリーダ
OSWindows 8.1
 with Bing (32bit)
Windows 8.1
 with Bing (32bit)
Ubuntu 14.04 LTS
その他ファンレスファン内蔵ファン内蔵
価格1万9,800円149ドル
(約1万8,000円)
89ドル
(約1万1,000円)
※「-(ハイフン)」は左と同じという意味です。


Intel Compute Stickの詳細について

Intel Compute Stickについての詳細なスペックはまだ公開されていません。

追記:スペック内容更新と噂。

Intelのモバイル向けCPU「Core M」シリーズを搭載したモデルも発表予定との噂があります。

当サイトでも随時更新していく予定ですが、気になる方は次の公式ページを参照して下さい。

インテルR Compute Stick 登場インテルR Compute Stick 登場

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です