Windowsの代替OSとしてのChrome OS【Chromebook】

Windowsの代替OSとしての「Chromebook(Chrome OS)」に関する個人的な考察です。
ChromeBase

スポンサーリンク

Chrome OSとは?

GoogleがPC用OSとして「スピード」「シンプル」「セキュリティ」の3つを最重視して設計したオペレーティングシステムです。

同社が開発しているスマートフォン等の小型端末用OS「Android」とは違いデスクトップシステムとして設計され、オープンソース版の「Chromium OS」が無償で公開されています。


Chrome OSの特徴(Windowsとの違い)

WindowsやMac OSとは違い、アプリケーションやデータのほとんどをネット上で管理、提供する仕組になっています。

そのため起動時に読み込むデータが少なく、高速起動(数秒程度)が可能です。

基本的にブラウザ「Google Chrome」だけが全画面に出ている形で、デスクトップやファイルブラウザ(エクスプローラ)はありません。利用可能なソフトは「Chrome ウェブストア」からインストールされ、Chrome上で実行されます。そして、データはGoogle Drive上に保存されます。


Chrome OSの長所

主要データはオンライン管理されますので、本体が故障してもデータは消えません。

また、Windows Updateや、ウイルス対策ソフトのアップデートは必要ありません。(OSが裏で実行します)

secure


Chrome OSの短所

インターネット上にアプリ・データを保管する仕組みのため、利用にはインターネット接続が必要です。

またWindowsではありませんので、一般的に公開されているフリーソフトはインストール出来ません。(後述)

virtual


Chrome OSの本体について

IntelやAMDの提供するPC用のx86プロセッサーだけでなく、スマートフォン等の小型端末用ARMプロセッサーにも対応しているため、安価なハードウェア設計ができ商品価格も非常に安価です。

Chromebookの一覧【ChromeOS】 | ハルパスChromebookの一覧【ChromeOS】 | ハルパス

Chrome OSのWindowsソフトウェアについて

Windowsではありませんので、インストールはできません。

しかし、リモートデスクトップサービスを利用することで、仮想的にWindowsアプリケーションをChrome OS端末から利用できます。

Chrome OSでWindowsアプリ実行が可能に米Googleと米VMwareが提携 -INTERNET WatchChrome OSでWindowsアプリ実行が可能に?米Googleと米VMwareが提携 -INTERNET Watch

Chrome OSでMicrosoft Office

オンライン版のOfficeツール「Office Online」が、Chrome ウェブストアからインストール可能です。

「Office Online」を使うことで、「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」が無償で利用可能です。

なお、データはマイクロソフトのオンラインストレージ「OneDrive」に保存されますので、マイクロソフトアカウントが必要です。

microsoft-80658_640

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です