【Firefox】Googleの検索結果から特定サイトを除外する方法

検索エンジンの検索結果から特定サイトを除外することができるFirefoxアドオン「Hide Unwanted Results of Google Search」の紹介です。

mozilla-firefox-logo

スポンサーリンク

検索結果のフィルタリング

Google や Yahoo! などの検索エンジンで検索する際、まとめサイトや引用サイトなど望んでいない検索結果が上位を占め、目的のサイトになかなか辿りつけないことがあります。

少し前のGoogle検索には、検索結果から指定するサイトを除外できる 「不要な結果を除外」 という機能がありましたが、現在は機能廃止となっています。

よって今回はアドオンを使用し、検索結果のフィルタリングを行なう方法をご紹介します。


Hide Unwanted Results of Google Searchとは?

Hide Unwanted Results of Google Searchは、Google , Yahoo! JAPAN , Bing の検索結果から表示させたくない結果を隠すことができるFirefoxアドオンです。

Google Chrome拡張機能の「Personal Blocklist (by Google)」のFirefox版といった感じです。

正規表現を使用し、除外したいサイトを選択できます。


インストール方法

  1. アドオン配布ページ(Firefox公式)にアクセスし、Firefoxへ追加をクリック
    hide-unwanted-results-of-google-search-1
  2. インストール(I)をクリック
    hide-unwanted-results-of-google-search-2
  3. 今すぐ再起動(R)をクリックして、Firefoxが再起動したらインストールは完了です。
    hide-unwanted-results-of-google-search-3

使い方

  1. アドオンマネージャにある「Hide Unwanted Results of Google Search」の設定をクリック
    Hide Unwanted Results of Google Search (4)
  2. 「Manage unwanted result sites」右横のSetting… をクリック
    Hide Unwanted Results of Google Search (6)
  3. New Site: に除外したいサイトを正規表現で入力し、Addをクリック
    例えば 「example.jp」を除外したい場合は、「example.jp/.*
    Hide Unwanted Results of Google Search (7)
  4. OKをクリックして設定画面を閉じると完了です。
    Hide Unwanted Results of Google Search (8)

動作例:wikipediaを除外した場合


まとめサイト専用フィルタ

vecterの日記さんから2chまとめサイトのリストが公開されています。

フォーマットが違うためそのままでは利用できませんが、まとめサイトを除外したい場合は利用すると良いかもしれません。

なおフィルタでは、ライブドアブログが内容に関係なく全てブロックされる仕様です。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です