Windowsでも手軽に丸ごとコピー「DD for Windows」

Windowsでも便利な「DD」コマンドを利用できるようになる「DD for Windows」のご紹介です。

dd-for-windows-0998-1

スポンサーリンク

DDコマンドとは?

DDコマンドは、LinuxというOSで使用可能なファイルシステムなどに関係なく直接データにアクセスし、コピーや変換を行なうコマンドです。

直接データにアクセスするため、フォーマット等に関係なくディスク単位のデータ移動が可能となっています。

使い道(DD for Windowsで利用可能)

  • ディスク単位のバックアップ
  • ディスク単位のリカバリー
  • ディスクからディスクへのコピー
  • kobo touch ・ kobo gloの内蔵ストレージの交換の際に
  • Linuxのブートイメージのコピー・複製に

DD for Windowsとは?

DD for Windowsは、DDコマンドをWindows上でGUIによる手軽な実行を可能にしたソフトウェアです。

主な機能として以下の機能・特徴があります。

特徴・機能

  • Windows NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10で動作確認
  • 64BitOSに対応
  • インストールが不要
  • フリーソフト(無料)
  • 日本語に対応
  • 英語に対応?
  • USBメモリ / CF / SD / MicroSDなどの外部記憶装置に対応
  • フォーマットなどに関係なくコピーが可能
  • Windowsが認識できないフォーマットについても認識、コピーが可能
  • マウス操作で手軽に実行可能なGUI

「危険を承知で保護を外す」を有効にした場合のみ内部記憶装置(HDD・SSD)を選択できるようになります。


DD for Windowsのインストール方法

  1. DD for Windows ダウンロードページから最新版のDD for Windowsをダウンロード
    dd-for-windows-16
  2. ダウンロードしたDDWin_Ver0998.zipを解凍
    DD for Windows (2)
  3. 解凍したファイルの中のDDWin.exe右クリックして管理者として実行(A)をクリック
    DD for Windows (4)
  4. ユーザーアカウント制御が出ますがはい(Y)をクリック
    DD for Windows (5)
  5. DD for Windowsが起動します。
    dd-for-windows-0998-1

DD for Windowsの使い方

データのバックアップ方法
データの復元方法

ディスクのバックアップ

  1. 左側の [ディスク選択] をクリック
    dd-for-windows-0998-2
  2. コピー元となるストレージを選択し、 [OK] をクリック
    dd-for-windows-0998-3
  3. 同様に右側の [ファイル選択] をクリック
    dd-for-windows-0998-4
  4. ファイル名(N):」右横に保存ファイルの名前を入力し、 [開く(O)] をクリック
    dd-for-windows-0998-13
  5. [>>読込>>] をクリックして実行します。(押し間違え注意)
    dd-for-windows-0998-6
  6. 読込が完了しました。と表示されたら完了です。
    dd-for-windows-0998-8

ディスクのリカバリー

  1. 左側の [ディスク選択] をクリック
    dd-for-windows-0998-2
  2. 復元先となるストレージを選択し、 [OK] をクリック
    dd-for-windows-0998-3
  3. 右側の[ファイル選択] をクリック
    dd-for-windows-0998-4
  4. 復元元となるファイルを選択し [開く(O)] をクリック
    dd-for-windows-0998-5
  5. [<<書込<<] をクリックして実行します。(押し間違え注意)
    dd-for-windows-0998-9
  6. 書込が完了しました。と表示されたら完了です。
    dd-for-windows-0998-12