Rapid STARTに独自SSLを導入する方法

国産CDNサービス「Rapid START」にLet’s Encryptの独自SSLを導入する方法のご紹介です。

スポンサーリンク

Rapid STARTで独自SSL

国産で高速なCDNサービス「Rapid START」では、無料プランを含む全プランで独自SSLが利用できます。

SSLを利用するにはSSLサーバ証明書が必要となりますが、Let’s Encryptなどの無料SSL証明書にも対応しているため、手軽に利用することができます。

Rapid STARTは先日もダッシュボードに機能が追加されるなどアップデートにも積極的で今後も期待できるサービスです。

ぜひこの機会にご利用ください。


SSL証明書を追加する方法

※独自SSL証明書は事前に利用者が用意する必要があります。お持ちで無い方は「SSLなう!」や「SSLボックス」をご利用ください。

  1. Rapid STARTダッシュボードにアクセスし、左側にあるSSL証明書登録をクリック
  2. 各証明書を入力し、「SSL証明書を登録」をクリックしたら完了です。
    SSLなう!で取得した場合の対応表
    証明書:使い方 8番で設定した秘密鍵
    中間証明書:使い方 11番の中間証明書
    秘密鍵:使い方 11番のサーバ証明書

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です