Language Managerの設定画面がエラーとなる場合の対処法

Cyberfoxの日本語化に便利なFirefoxアドオン「Language Manager」の設定画面を開くとエラーが表示される場合の対処法

スポンサーリンク

状況

Language Managerの設定画面を開くと、以下のようなエラーが表示され、設定が変更できない。

Important: Cyberfox is no longer supported, language manager only does release versions of Firefox

情報と対処法

Cyberfox 51.0.2 から、日本語化ファイルが標準搭載されるようになり、それに伴いLanguage Managerが使用できなくなりました。

よって、Language Managerをご使用中の方は、アンインストールして、標準機能による日本語化設定が必要となります。

※Language Managerをインストールしたままだと言語ファイルが更新されない。


Language Managerの削除

  1. Language Managerの設定ページにアクセス。左下の [言語のリセット] を選択
  2. [OK] をクリック
  3. 再起動したら、ウィンドウ右上のメニューボタンをクリックし、[Add-ons]を選択
  4. Language Managerの[Remove]をクリック
  5. 再起動を要求されますが、無視します。
  6. ウィンドウ右上のメニューボタンをクリックし、[Options]を選択
  7. Content」タブをクリック
  8. 下側にある Languages を選択
  9. ja(Japanese)」を選択
  10. [Restart Cyberfox now] をクリック
  11. Cyberfoxが再起動したら完了です。今後は自動的に日本語化ファイルがアップデートされます。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です