スポンサーリンク

Error 502と表示されてページが見れない場合の対処法

「Error 502 Bad gateway」と英語のページが表示されて本来のページが見れない場合の対処法

Error 502 Bad gateway

スポンサーリンク


状況

ウェブページを閲覧した際に、以下のようなエラーページが表示されて本来のページが閲覧できない。

Error 502 Ray ID: 123456789

Bad gateway

What happened?
The web server reported a bad gateway error.

What can do?
Please try again in a few minutes.

翻訳すると…

エラー502 Ray ID: 123456789

不正なゲートウェイ

何が起きたのか?
ウェブサーバが、ゲートウェイの不正エラーを報告しました。

何ができるのか?
数分後にもう一度お試しください。

情報・対処法

つまり、「サーバ同士の通信にエラーが発生しているため、ウェブページが表示できません」と言うことです。

※ゲートウェイ:サーバ間に使われるネットワーク機器の一種

サーバ側で問題が発生しているため、管理者の対応を待つしかなく、ユーザ側で対処することができない問題となります。

ただ、裏技を使えば制限付きで見れる場合もあります。

参考:【裏ワザ】サーバダウンで見れないサイトを表示する方法


補足

「サーバ同士の通信エラーがなぜ関係してくるのか?」と思うかも知れませんが、最近のウェブサイトは1つのサーバで運営されているわけではなく、複数のサーバが役割分担をして運営されているためです。

複数のサーバで役割分担を行うことで、効率的にアクセスを処理することが可能で、大規模なサイトになると数百台のサーバが連携している場合もあります。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です