あらゆるファイル形式のプレビューに対応したオンラインストレージ「COREDRIVE」

260種類以上のファイル形式のプレビューが可能な無料オンラインストレージ「COREDRIVE」のご紹介です。

coredrive (1)

スポンサーリンク

オンラインストレージサービスとは?

 提供会社がインターネット上のディスクスペースをユーザーに貸し出し、ユーザーは割り当てられたスペースに、インターネット経由でデータの読み書きを行なうことできるサービスです。

 オンラインストレージ上のデータはパソコンやスマートフォンなどの複数の端末からのアクセスが可能で、家族や友人との共有も可能です。


CoreDrive

CoreDriveは、極めて多くの種類のファイルプレビューに対応したオンラインストレージサービスです。

 一般的な画像ファイルや動画ファイルはもちろんのこと、WordやExcel、PowerPointを代表とする「オフィス系」、Adobe Systems社のPhotoShopやIllustrator、InDesignなどの「クリエイティブ系」など多種多様なファイル形式に対応しています。詳しくはこちら

無料プランと有料プランがあり、無料アカウントは30日間利用していない場合、データが削除されます。

 ValueプランRegularプランPeakプラン
容量5GB50GB250GB
最大ファイルサイズ500MB無制限無制限
プレビュー機能通常アドバンスド プレビュー対応アドバンスド プレビュー対応
月額料金(年額)無料500円2500円
※「アドバンスド プレビュー」は動画のストリーミング再生機能など

また、CoreDriveは東京都港区の「株式会社ねこじゃらし」が運営する国産オンラインストレージサービスで、海外サービスと比べ比較的な高速なデータ転送が可能です。

具体的な速度はこちらの記事を参照して下さい。

【2017】無料オンラインストレージサービスの速度比較【随時更新】 | ハルパス【2017】無料オンラインストレージサービスの速度比較【随時更新】 | ハルパス

CoreDriveのアカウントの作成方法

  1. CoreDrive公式サイトにアクセスし、いますぐ無料で登録をクリック
    coredrive (1)
  2. 必要事項を記入し、利用規約に同意して登録するをクリック
    coredrive (2)
  3. 登録したメールアドレスに認証用のアドレスが届くのでクリック
    coredrive (3)coredrive (4)
  4. 作成完了です。
    coredrive (5)

CoreDriveのレビュー

CoreDriveのWebインターファイスの簡単なレビューです。

CoreDriveのホーム画面。CoreDriveでは「ボート」と呼ばれる単位でファイルを管理します。

coredrive (9)

CoreDriveのボード画面。具体的にファイルを管理します。右上のアイコンから各種操作が可能です。

coredrive (5)

CoreDriveの検索画面。並び替えや作成者単位のフィルタ、文字列による検索に対応しています。

coredrive (8)

ボードの管理画面。任意のボード名やURLの設定、アクセス制御が可能です。

coredrive (7)

ボードのメンバー管理画面。ボードにアクセス可能なメンバーが管理で可能です。

coredrive (6)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です