【スティック型PC】「m-Stickシリーズ」と「Compute Stick」のスペック比較表

スティック型超小型PCシリーズ「m-Stick」の「MS-NH1」と「MS-PS01F」、並びに米インテルが発表、 アイ・オー・データ機器販売の「Intel Compute Stick(CSTK-32W)」のスペック比較表です。
StickType-PCs

スポンサーリンク

m-Stickシリーズ「MS-NH1」と「MS-PS01F」の違い

ファンが搭載されたことと、それに伴うサイズが多少変化した程度で大きな変更点はありません。

なお、「MS-NH1」はストレージ容量が64GBの「MS-NH1-64G」が発表されています。

「MS-PS01F」と「CSTK-32W」の違い

サイズが違うだけでそれ以外のスペックに違いはありません。


 m-Stick MS-NH1m-Stick MS-PS01FCSTK-32W
CPUAtom Z3735F
(4コア 1.33/1.83GHz)
Atom Z3735F
(4コア 1.33/1.83GHz)
Atom Z3735F
(4コア 1.33/1.83GHz)
GPUIntel HD GraphicsIntel HD GraphicsIntel HD Graphics
メモリ2GB2GB2GB
ストレージ32GB eMMC32GB eMMC32GB eMMC
ネットワーク802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
外部映像出力HDMIHDMIHDMI
サイズ100 × 38 × 9.8mm125 × 38 × 14mm103 x 37 x 12mm
重さ44g61g53g
消費電力2.5W不明0.5W
外部
インターフェース
USB 2.0
microSDカードリーダ
USB 2.0
microSDカードリーダ
USB 2.0
microSDカードリーダ
OSWindows 8.1
 with Bing (32bit)
Windows 8.1
 with Bing (32bit)
Windows 8.1
 with Bing (32bit)
その他ファンレスファン内蔵ファン内蔵
価格1万9,800円2万800円オープン価格
(公式SHOP、2万2,140円)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です