【270TB】TBクラスの個人用オンラインストレージを作ろう

個人用オンラインストレージ構築に便利な一台で270TBのストレージを構築できる「Storage Pod 4.0」のご紹介です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポンサーリンク

オンラインストレージサービスとは?

提供会社がインターネット上のディスクスペースをユーザーに貸し出し、ユーザーは割り当てられたスペースに、インターネット経由で自由に読み書きを行なうことできるサービスです。

オンラインストレージ上のデータはパソコンやスマートフォンなどの複数の端末からのアクセスが可能で、家族や友人との共有も可能です。

詳しくはこちらを参照して下さい。

【2017】無料オンラインストレージサービスの速度比較【随時更新】 | ハルパス【2017】無料オンラインストレージサービスの速度比較【随時更新】 | ハルパス

Storage Pod 4.0について

「Storage Pod 4.0」は、最大270TBのストレージを構築できるタワー型PC自作キットで、1台で最大40台のSATAデバイスを接続可能なHBAカード「Rocket 750」を2台と、 3.5インチHDDを45台収容可能なケースからなります。

※6TBHDD(HUS726060ALA640) × 45台の場合

pod_4_with_direct_wire

ストレージケースとして「ソフトウェアRAID」と「ホットスワップ」に対応し、電源は「ホットスワップ型冗長電源装置」を2台搭載可能でどちらかの電源に障害が発生した場合でも、問題なく利用可能です。

Redundant1

OSとして「CentOS」「Debian」「FreeNAS」「Openfiler」「FreeBSD」のLinuxOSと、「Windows Server 2008 R2」「Windows Server 2012」のWindows Serverで動作が確認されています。

製造元のBackblaze社は、クラウドストレージサービス提供会社のためその運用実績と経験を基に開発されたStorage Pod 4.0の安定性は折り紙つきです。


Storage Pod 4.0の価格

Storage Pod 4.0は、電源の数などが違う4つのモデルからなり、一番安い「Standard Version」が$5403.45(約55万)となっています。

次に6TBHDD(HUS726060ALA640)が1台65,800円で45台搭載の場合2,961,000円で、計3,511,000円となります。

よって1GB当たり約13円の大容量ストレージが構築可能です。


Storage Pod 4.0の「Standard Version」

価格 : $5403.45 USD

電源 : あり(非冗長)

M/B : SUPERMICRO MDB-X9-SCM(MicroATX)

CPU : Intel Core i3-3220 (3.3GHz)

RAM : KVR1333D3E9SK2/8GB (4GB 2枚 DDR3 SDRAM)

HBA : Rocket 750 × 2

レール : あり(4Uラック)

HDD : WD5000LPVX (500GB、起動用)

詳細は以下のサイトから確認できます。

45Drives - Home of the Backblaze Inspired Storage Pods45Drives – Home of the Backblaze Inspired Storage Pods

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です