スポンサーリンク

Facebookページで住所がエラーとなる場合の対処法

Facebookページの作成で、入力した住所がエラーとなる場合の対処法です。

スポンサーリンク

状況

Facebookページの作成で、「都道府県、市区町村」の入力欄に以下のようなエラーが表示されて次へ進めない。

ハイライトされたフィールドを修正してください

市区町村と都道府県を入力してください。

原因と対処法

このエラーは、他の入力欄同様に、手打ちで住所を入力してしまった場合に表示されます。

特別記載がないので、その上の「町名、番地」と同じように手打ちで、住所を入力したと思いますが、この「都道府県、市区町村」の入力欄は、英語で、かつ表示される候補を選択する方式で入力する必要があります。


英語で住所を入力する方法

  1. 登録したい住所を「japan」⇒「都道府県の英語表記」⇒「市区町村のの英語表記」の順に入力
  2. 候補が表示されるので、登録したい住所がクリックしたら完了です。そのまま次のステップに進んでください。

市区町村の直接入力も可能

世界中の候補が表示されるので、あまりオススメはできませんが、市区町村から直接入力して候補を選択しても、japanから入力した場合と同じように入力することができます。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信できない場合は、@halpas_blogもしくはお問い合わせにご連絡ください。