スポンサーリンク

Windows Update を強制的に適用する方法

Windows10の環境下で、Windows Update を強制的に適用する方法のご紹介です。

スポンサーリンク

Windows Update を強制的に適用する

Windowsを安全に使うためには「Windows Update」は避けて通れません。

しかし、何らかの理由でWindows Updateが実行できなくなることがあります。

簡単な問題であれば、設定を変更するなどして解決することができますが、場合によっては再インストールしか選択肢がない場合があります。

そのような場合、Windows10であれば、Windowsが正常に起動さえすれば、Windows Update を強制的に適用することができます。

このページではWindows10の環境下で、Windows Update を強制的に適用する方法をご紹介します。


Windows Update を強制適用

※数時間必要なため、寝る前に実行だけして放置すると丁度良い具合にアップデートが完了します。

  1. Windows10公式のアップデートページにアクセス。「今すぐアップデート」をクリック
  2. ダウンロードしたWindows10Upgradexxxx.exeを実行
  3. はいをクリック
  4. 今すぐ更新」をクリック
  5. 次へをクリック
  6. 自動的にアップデートが始まるので、一晩放置します。
    ※右下のタスクバーにアイコンが表示されます。
  7. アップデートが完了すると、Windows10の新ブラウザ「Microsoft Edge」が表示されるので、右上の Xボタン をクリック
  8. 以下のような表示であればWindows Updateは完了です

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信できない場合は、@halpas_blogもしくはお問い合わせにご連絡ください。