スポンサーリンク

WSUS で Feature Update が配布されない場合の対処法

Windows10の大型アップデート「Feature Update」が未適用のWSUSクライアントで、「最新の状態です」と表示される場合の対処法

スポンサーリンク

状況

WSUS管理下のWindows10で、Feature Updateが未適用にも関わらず、Windows Updateが「最新の状態です」と表示される。

原因と対処法

WSUSの設定が不適切であることが原因です。

WSUSで、Windows10の大型アップデート「Feature Update」を配布するには、以下の5つの設定が行われている必要があります。

  1. Windows Server 2012 以降の WSUS サーバーを利用していること
  2. WSUSサーバ に最新の Windows Update が適用されていること
  3. WSUSサーバ の「製品と分類」オプションで「Windows 10」が選択されていること
  4. WSUSサーバ の「分類」オプションで「Upgrades」が選択されていること
  5. Feature Update が WSUSサーバ で承認されていること
  6. WSUSサーバ の IIS で「.esd」形式のファイル配信が許可されていること※

※Windows Server 2012 / 2012 R2のみ

参考:WSUS サーバーからの Windows 10 のアップグレードの配信 – Japan WSUS Support Team Blog

上記5つの中でも、3つめの「WSUSサーバ の「分類」オプションで「Upgrades」が選択されていること」は、Feature Update特有の設定のため、明示的に設定が必要となります。

その他の設定については、通常のWSUS サーバを運用しているのであれば、既に設定済みの場合が多いでしょう。

よって、このページではWSUSサーバ の「分類」オプションで「Upgrades」を設定する方法をご紹介します。

「分類」オプションで「Upgrades」を設定する方法

  1. WSUS 管理コンソールを開き、「製品と分類」をクリック
  2. 分類タブの「Upgrades」にチェック。OKをクリックしたら完了です。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信できない場合は、@halpas_blogもしくはお問い合わせにご連絡ください。