【Firefox】ページ内にある文字列をテキストとしてコピーする方法

画像や動画内を含めたウェブページにある文字列を認識してクリップボードにテキストとしてコピーできるFirefoxアドオン「Copyfish」のご紹介です。

スポンサーリンク

Copyfishとは?

Copyfishは、日本語を含めた多言語対応の簡易OCRを行うFirefoxアドオンです。

アイコンをクリックして、マウスで文字認識を行いたい範囲を選択すると、選択範囲内の文字列をテキストとして認識することができます。

文字認識処理では、コピー可能な文字列に限らず、画像や動画内の文字列も認識することが可能です。

抽出したテキストは、クリップボードにコピーできるほか、その場で翻訳することができます。

無料で使用できるOCRは認識精度が使い物にならないものが多いですが、このアドオンは日本語でも非常に高い精度で認識することができます。

シンプルに使えて実用的なため、コピーできない文字列をコピーしたい時に備えてインストールしておくと良いかもしれません。


インストール方法

  1. アドオン配布ページ(Firefox公式)にアクセスし、Firefoxへ追加をクリック
  2. インストール(I)をクリック
  3. 再起動は必要ありませんので、以上で完了です。

Copyfishの使い方

  1. ツールバーにアイコンが追加されているので、そのアイコンをクリック
  2. 範囲選択モードとなるため、マウスで認識したい文字列を選択

    “Facebook”を認識した場合
  3. ウィンドウ右下に結果が表示されます。
  4. ボタンをクリックすることで、再選択やクリップボードにコピーが可能です。翻訳言語を変更したい場合は右上の歯車をクリックします。
  5. オプションから入力言語、出力言語が選択できます。設定は自動的に適用されます。

うまく認識がされない場合

オプションの Input Language(ORC Language)を認識したい言語に設定します。

英語に設定した場合

日本語に設定した場合

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です