【Firefox】e10sが無効となる原因アドオンを簡単に見つける方法

アドオンのマルチプロセス(e10s)対応状況を確認できるMozilla公式のFirefoxアドオン「Add-on Compatibility Reporter」のご紹介です。

スポンサーリンク

Add-on Compatibility Reporterとは?

Add-on Compatibility Reporterは、アドオンのマルチプロセス(e10s)対応状況を報告できるMozilla公式のFirefoxアドオンです。

Firefox 54からマルチプロセス機能が有効となりましたが、一部のアドオンをインストールしている場合、引き続き無効となります。

機能の有効/無効状態自体はトラブルシューティング情報の「マルチプロセスウィンドウ」から確認することができますが、どのアドオンが原因となっているかは分かりません。

0/1(アドオンにより無効)

原因となっているアドオンを探す際に便利なアドオンがAdd-on Compatibility Reporterで、Add-on Compatibility Reporterは報告機能の他に「インストール済みアドオンの対応状況」を表示する機能を備えています。

なお、アドオンによって無効となっている場合でも強制的に有効にすることができます。


インストール方法

  1. アドオン配布ページ(Firefox公式サイト)にアクセスし、Firefoxへ追加をクリック
  2. インストール(I)をクリック
  3. インストールが完了すると、説明ページが表示されます。

Add-on Compatibility Reporterの使い方

アドオンの対応状況は、アドオン一覧に追加される項目から確認することができます。

  1. ウィンドウ右上のメニューボタンをクリックし、「アドオン」を選択
  2. 各アドオンの右側を参照

Not compatible with multiprocess.(マルチプロセス非対応)
Compatible with multiprocess.(マルチプロセス対応)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です