【Firefox】ダウンロードファイルのマルウェアチェック機能を無効化

Firefoxでダウンロードしたファイル情報がGoogleの「セーフ ブラウジング」に送信されるのを防ぐ方法のご紹介です。

mozilla-firefox-logo

スポンサーリンク

セーフ ブラウジング(Safe Browsing)とは?

「セーフ ブラウジング(Safe Browsing)」は、検索エンジン最大手「Google」が開発、公開しているオンラインセキュリティサービスです。

マルウェア配布サイトやフィッシング詐欺サイト、不正プログラムの情報を管理しており、必要に応じて警告を発します。

Google Chromeはもちろん、FirefoxやSafariにもこの機能が利用されています。

詳しくは次のページを参照して下さい。

セーフ ブラウジング ? 透明性レポート ? Google
セーフ ブラウジング ? 透明性レポート ? Google

Firefoxのダウンロードファイルのマルウェアチェック機能

Firefoxにはダウンロードしたファイルのマルウェアチェック機能が備わっています。

この機能は上記の「セーフ ブラウジング」を利用、つまりダウンロード情報はGoogleに送信されています。

送信される内容は「ファイル名」、「URL」、「ハッシュ値(SHA-256)」、「ファイルサイズ」だけですが、セキュリティ上、プライバシー上で困る方は無効化することが可能です。

※セキュリティ上はあまり好ましくない行為です。自己責任となります。


手順

  1. URL欄に about:config と入力
    Firefox-about_config
  2. 動作保証外になります!と警告されますが、細心を払って使用するをクリック
    Firefox-Warning
  3. 左上の検索欄に browser.safebrowsing.appRepURL と入力
    firefox (2)
    safebrowsing-firefox (1)
  4. 表示された browser.safebrowsing.appRepURL の上でダブリクリック
    safebrowsing-firefox (2)
  5. テキストボックス内の文字を削除し、OKをクリック
    safebrowsing-firefox (3)
    safebrowsing-firefox (4)
  6. 次のようになっていれば完了です。
    safebrowsing-firefox (5)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です