Windows10でクリーンブートを実行する方法

Windows10でクリーンブートを実行する方法のご紹介です。

スポンサーリンク

クリーンブートとは?

クリーンブートは、ユーザがインストールしたプログラムを無効にした状態で、Windowsを起動することです。

主にプログラム同士の相性に問題がある場合に使用することが多く、最近はWindows Updateに失敗するときの解決策として利用されています。

似たような言葉に「セーフモード」がありますが、こちらはユーザがインストールしたプログラムに限らず、起動に必要ないプログラムであればOSの機能であっても無効にする最小構成の起動モードです。

クリーンブート:Windowsの標準機能だけで起動(≒購入直後の状態)

セーフモード:起動に必要なプログラムだけで起動


クリーンブートを実行

注意事項

クリーンブートではすべてのユーザプログラムを無効化します。

再度有効にする際に備えて無効化したプログラムはメモすることをオススメします。

  1. スタートボタンをクリックし msconfig で検索。「システム構成」を選択
  2. サービスタブを選択
  3. 左下の「Microsoftのサービスをすべて隠す(H)」にチェック
  4. 反対側の [すべて無効(D)] をクリック
  5.  [適用(A)] をクリック
  6. スタートアップタブを選択
  7. タスクマネージャーを開く」をクリック
  8. 一番上のプログラムを選択し、
  9. 右下の [無効にする(A)] をクリック
  10. プログラムの数だけ繰り返し、すべてのプログラムの状態を「無効」にする。
  11. 以上で完了です。この状態で再起動をするとクリーンブートで起動することになります。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です