手軽にHostsファイルを編集できる「BlueLife Hosts Editor」

面倒なHostsファイルの編集を手軽に行うことができるユーティリティソフトウェア「BlueLife Hosts Editor」のご紹介です。

BlueLife Hosts Editor (5)

スポンサーリンク

BlueLife Hosts Editorとは?

BlueLife Hosts Editorは、Hostsファイル専用の編集ソフトウェアです。

ウェブサイトのテストなどで使用する「Hostsファイル」の内容を簡単に編集できるツールで、リストとして出力する機能や、出力したリストを取り込む機能を搭載しています。

Hostsファイル自体は、%SystemRoot%\System32\drivers\etc\hostsに置かれていますが、編集には管理者権限で起動したメモ帳が必要だったりと、少し面倒です。

しかし、BlueLife Hosts Editorを使用すれば、Hostsファイルを簡単に編集できるようになります。

なお、インストール不要で使用できます。


BlueLife Hosts Editorを起動する

  1. 公式サイトから最新版のBlueLife Hosts Editorをダウンロード(ページ下部にあります)
    BlueLife Hosts Editor (1)
  2. ダウンロードしたbl_hst_edit.zipを解凍
    BlueLife Hosts Editor (2)
  3. 解凍したフォルダ内にあるHostsEditor.exeを実行
    BlueLife Hosts Editor (3)
  4. ユーザアカウント制御が表示されますが、はい(Y)をクリック
    BlueLife Hosts Editor (4)
  5. BlueLife Hosts Editorが起動します。
    BlueLife Hosts Editor (5)

BlueLife Hosts Editorの使い方

使い方は簡単で、左上のテキストボックスにドメイン(例:www.yahoo.co.jp)を入力して、その横のボタンをクリックするだけです。

BlueLife Hosts Editor (6)

」ボタンをクリックすると、正引きが行われ、ドメインに対応するIPアドレスと共に追加されます。

BlueLife Hosts Editor (7)

」ボタンをクリックすると、127.0.0.1に対応したドメインとして追加されます。

127.0.0.1は自分自身を指す特別なIPアドレス。

BlueLife Hosts Editor (8)

追加されたドメインは、「使用可能」のチェックを外すことで一時的に無効化することができます。

データの追加が完了したら、「ファイル」 → 「上書き保存」を選択して、設定を適用します。

BlueLife Hosts Editor (9)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です