様々なNASと連携できるオンラインストレージサービス「ElephantDrive」

ReadyNAS、QNAP、Drobo、My Book Live、D-Link、Synology、ThecusなどのあらゆるNASと連携することができる無料オンラインストレージ「ElephantDrive」のご紹介です。

ElephantDrive (8)

スポンサーリンク

NASとは?

Network Attached Storage(通称:NAS)は、ネットワークを通じて利用する外付ハードディスクです。

通常の外付ハードディスクはUSBケーブルをパソコンに接続して専有使用しますが、NASの場合、LANケーブルを使用しネットワーク経由で使用します。そのため、会社や家庭内などネットワークに接続しているすべての機器から共有利用(同時利用)が可能です。

usbhdd-nas

ネットワーク接続ハードディスク(NAS)とは?|ハードディスク(HDD) | IODATA アイ・オー・データ機器より

NASはUSB接続の外付ハードディスクに比べ速度が遅いなどの弱点があります。

しかし、複数のコンピュータで共有使用ができるため、家庭内に複数のコンピュータがある場合は大変便利な機器となります。

また、最近はiTunesサーバーやプリンターサーバーなどの機能をもった商品も登場しています。


ElephantDriveとは?

ElephantDriveは、NASのバックアップとしても利用可能なオンラインストレージサービスです。

主要NAS製品に対応し、無料で2GBまで利用可能で日本語表示も可能となっています。また、NAS以外にもWindowsやMacOS、Androidにも対応しています。

そのほかにも、ファイルの外部公開ができる共有機能や誤って削除したファイルを復元できるゴミ箱機能にも対応しています。

ただし、アップロードの際にJavaランタイムが必要となります。


ElephantDriveのアカウントの作成方法

  1. ElephantDrive公式サイトにアクセスし、Create FREE Account Nowをクリック
    ElephantDrive (1)
  2. ユーザ登録画面に必要事項を入力し、続けるをクリック
    ElephantDrive (2)
  3. パスワードを入力し、続けるをクリック
    ElephantDrive (3)
  4. 仮作成が完了しました。
    ElephantDrive (4)
  5. 登録したメールアドレスに認証用のアドレスが届くのでクリック
    ElephantDrive (5)
  6. 認証完了すれば、アカウント作成完了です。
    ElephantDrive (6)

ElephantDriveのレビュー

ElephantDriveのWebインターファイスの簡単なレビューです。

ElephantDriveのホーム画面。初期状態では英語となっていますが、ページ下部から言語を変更することができます。

ElephantDrive (6)

ElephantDrive (7)

ElephantDriveのアップロード画面です。Javaランタイムが必須で、インストールしていないため真っ白となっています。

ElephantDrive (9)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です