「HP Stream Mini Desktop」と「HP Pavilion Mini Desktop」のスペック一覧表

HP (ヒューレット・パッカード)が販売する超低価格デスクトップ型パソコン「HP Stream Mini Desktop」と「HP Pavilion Mini Desktop」、並びに「HP Chromebox」のスペック一覧表です。

HP Stream Mini Desktop

スポンサーリンク

 HP Stream Mini DesktopHP Pavilion Mini Desktop
(日本未発売)
HP Chromebox
搭載OSWindows 8.1 64bit版Google Chrome OS
外部映像出力HDMI、DisplayPort
(同時使用可)
CPUIntel Celeron 2957U
(2コア 1.4GHz)
Intel Pentium 3558U
(2コア 1.7GHz)
 もしくは
Core i3-4025U
(2コア、4スレ 1.9GHz)
Intel Celeron 2955U
(2コア 1.4GHz)
 もしくは
Core i7-4600U
(2コア、4スレ 2.1GHz)
メモリ2GB4 / 8GB2 / 4GB
 もしくは
4 / 8GB
ストレージ32GB(SSD)500 / 1000GB
(HDD)
16GB(SSD)
オンラインストレージOneDrive 200GB
(2年間無料)
なしGoogle Drive 100GB
(2年間無料)
ネットワーク802.11 b/g/n
Gigabit Ethernet
サイズ145 x 146 x 53mm126 x 124 x 39mm
重さ550g680g630g
外部インターフェースBluetooth 4.0
USB 3.0×2
USB 2.0×2
カードリーダ
Bluetooth 4.0
USB 3.0×4
カードリーダ
発売日米国:2015年1月14日
日本:2015年2月上旬
2014年春頃
価格米国:179.99ドル
日本:2万7,400円
Pentiumモデル:
  319.99ドル
  (約3万9,000円)
Core i3モデル:
  449.99ドル
  (約5万4,000円)
Celeronモデル:
  179ドル
  (約2万2,000円)
Core i7モデル:
  629ドル
  (約7万5,000円)
※「-(ハイフン)」は左と同じという意味です。


HP Stream Mini DesktopとHP Pavilion Mini Desktopの違い

「HP Pavilion Mini Desktop」は「HP Stream Mini Desktop」の上位モデルとなります。

全体的にスペックアップしていますが、お値段も約1万7千円ほどアップしています。

しかし、Streamとは違い、大容量HDDを搭載しているのでメイン機としても安心して利用可能です。

なお、32GBのストレージにWindows 8.1 with Bingをインストールした場合、空き領域は20GB前後となります。

また、StreamシリーズはHPの超低価格PCモデルで、ノート型もあります。詳しくは次の記事を参考にして下さい。

【激安ノート】HP Streamシリーズのスペック一覧表 | ハルパス【激安ノート】HP Streamシリーズのスペック一覧表 | ハルパス

HP Stream Mini Desktopと HP Chromeboxの違い

「HP Stream Mini Desktop」と「HP Chromebox」の違いはソフトウェアのみで、ハードウェア、価格面ともにほぼ同じです。

StreamはMicrosoftの「Windows 8.1 with Bing」を搭載し、OneDriveの無料ライセンスが付与されています。

ChromeboxはGoogleの「Google Chrome OS」を搭載し、Google Driveの無料ライセンスが付与されています。

Microsoft Officeが使用したい場合は、「HP Stream Mini Desktop」がオススメです。ただし、Officeをインストールした場合は空き領域が10GB程度となるので、SDカードが必須です。

ネット閲覧だけなら「HP Chromebox」でしょうか。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です