【Firefox】WebRTCを無効化して情報流出を防ぐ方法

Firefoxに標準実装されている「WebRTC」を無効化して、プライベートIPアドレスの流出を防ぐ方法です。

firefox (1)

スポンサーリンク

WebRTCとは?

Web Real-Time Communication(WebRTC)は、ウェブブラウザ同士でリアルタイム通信を行うための規格です。

先日追加された「Firefox Hello」などのビデオチャットや、ファイル共有などに使用されています。

WebRTCによる情報流出

WebRTCでは、利用者同士が通信するためにプライベートIPアドレスが取得できるようになっています。

そのため、WebRTCを有効化した状態でウェブサイトにアクセスすると、アクセス先にプライベートIPアドレスを知られる場合があります。

WebRTC_Enable_Check

よって、このページではWebRTCを無効にする方法を紹介します。

なお、AdblockではWebRTCをブロックできません。トラッキングを警戒する方はWebRTCを無効化することをオススメします。


WebRTCを無効にする方法

  1. URL欄に about:config と入力
    Firefox-about_config
  2. 動作保証外になります!と警告されますが、細心を払って使用するをクリック
    Firefox Warning
  3. 検索欄に media.peerconnection.enabled と入力
    Disable WebRTC
  4. 表示された media.peerconnection.enabled の上でダブリクリック
  5. 値が false になっていれば完了です。
    Disable WebRTC (2)

WebRTCの動作チェック

次のリンク先ページに確認ページを用意しました。ご利用ください。

Check IconWebRTC動作確認ページ

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です