スポンサーリンク

CloudFlareを二要素認証に変更する方法

CloudFlareを二要素認証に変更する方法のご紹介です。

スポンサーリンク

CloudFlareで二要素認証

無料CDNで有名なCloudflareは、無料で二要素認証に変更することができます。

ドメインやサーバとは違い、お金が発生しないため、見落としがちですが、CloudFlareアカウントを乗っ取られると、ドメイン情報が自由に変更でき、ウェブページの乗っ取り等も可能です。

二要素認証は、「Google Authenticator」等のワンタイムキー生成アプリを使うことで、簡単にセットアップでき、不正アクセス対策としては非常に強力です。

無料プランでもCloudflareを使用している場合は、二要素認証を忘れずに設定しましょう。


CloudFlareで二要素認証に変更する方法

  1. CloudFlare管理画面にログインし、右上をクリック
  2. My Profile」をクリック
  3. Authentication」をクリック
  4. Two-Factor Authentication」右横のON/OFFスイッチをクリック
  5. QRコードが表示されるので「Google Authenticator」を起動し、撮影
    ● 1個目のテキストボックスに「Google Authenticator」に表示されたワンタイムコードを入力
    ● 2個目のテキストボックスにCloudFlareのログインパスワードを入力
  6. 回復キーを生成するため、もう一度CloudFlareのログインパスワードを入力し、Next をクリック
  7. 回復キーが表示されるので、メモし、Next をクリック
    (下側のリンクをクリックすることで、テキストファイルとしてダウンロードしたり、印刷することができます)
  8. 「Two-Factor Authentication」右横のスイッチをONになっていれば完了です。

二要素認証でログイン

二要素認証に変更すると、これまでのメールアドレスとパスワードのログインの後に、ワンタイムキーの入力画面が表示されます。

適切なワンタイムキーを入力しないとログインできないため、何らかの理由でワンタイムキーが取得できない場合は、変更時に取得した回復キーを使うことで、ログインが可能です。

※一度に一個の回復キーが必要で、回復キーは一度使用すると2度と使えなくなります。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信できない場合は、@halpas_blogもしくはお問い合わせにご連絡ください。