スポンサーリンク

Seagate製HDDの故障判別ができる公式診断ツール【Windows10】

Seagateが無償で公開しているHDD診断ツール「SeaTools for Windows」のご紹介です。

スポンサーリンク

SeaTools for Windowsとは?

SeaTools for Windows」は、米シーゲイト・テクノロジー社(Seagate)が無償で公開しているハードディスク診断ツールです。

HDDはコンピュータの中も最も壊れやすい部品とされ、コンピュータの物理的な故障原因のほとんどはHDDと言われています。

そんなHDDですが、故障かどうかを判断するツールがメーカーから公開されていることが多く、

を無償で使用することができます。

どのメーカーの診断ツールも他のメーカーのHDDに使用できるのですが、特別な事情がないのであればメーカー公式ツールを使うことをオススメします。

これはRMAなどで無償交換を依頼する際の基準が公式ツールの結果となっているためです。

SeaTools for Windowsの機能・特徴

  • HDDやSSDなどの各種記憶媒体の健康診断機能
  • 簡単なウィルスチェック機能
  • SATA、USB、1394、ATA(PATA/IDE)およびSCSIドライブで接続された機器に対応
  • 各種記憶媒体のシリアル番号の確認が可能
  • 各種記憶媒体のフォームウェアバージョンの確認が可能
    (専用のフォームウェアアップデートツールが別に提供されています)
  • ブートドライブの確認・詳細情報の確認が可能
  • 日本語表記に対応

インストール方法

  1. 公式ダウンロードページにアクセスし、「Windows版SeaTools」をダウンロード
  2. ダウンロードした SeaToolsforWindowsSetup.exe を実行
  3. ユーザーアカウント制御が表示されますが、はい(Y)をクリック
  4. Next >をクリック
  5. ライセンス合意を同意して、Next >をクリック
  6. インストール先に問題がなければ、NEXT >をクリック
  7. Installをクリック
  8. インストールが完了したら、Finishをクリック

SeaTools for Windowsの使い方

  1. SeaTools for Windowsを起動(デスクトップにショートカットが作成されています)
  2. はい(Y)] をクリック
  3. しばらく待ちます
  4. 同意しますをクリック
  5. コンピュータ内のHDDが一覧表示されます。診断したいディスク左側にチェック
  6. ベーシックテスト」をクリックし、実行するテストを選択
    ショートリードテスト:一部領域のテストを行う。直ぐ終わるがエラーを見逃す場合がある。
    ロングリードテスト:すべての領域のテストを行う。極めて長い時間がかかる。(数時間~数十時間)
  7. 「ドライブの状況」がテスト名になるので、「テスト状況」が100%になるのを待ちます。
  8. テストが完了すると、「ドライブの状況」にテスト結果が表示されます。
    パース:問題なし(HDDは正常です)
    失敗:エラーあり(HDDは故障しています)

HDDが故障している場合

テスト結果が「失敗」と表示された場合、HDDが故障している場合が非常に高いです。

仮にHDDに保存しているファイルにアクセスできていても、気が付かない部分でダメージが広がっている場合があるので、速やかに新しいHDDと交換してください。

なお、Seagateでは「RMA」と呼ばれる「故障したHDDを無償で交換するサービス」を独自に提供しており、保証期間内であればその対象となります。

無償交換対象かどうかの確認は、公式サイトをご確認ください。

参考:保証および交換 | Seagate サポート 日本

ちなみに、具体的なエラー内容は表示できませんが、右上の「失敗結果」をクリックすることで、エラーコードを取得することができます。(画像の場合は、DADDA7CD

RMAの申請の際にご活用ください。

 

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信できない場合は、@halpas_blogもしくはお問い合わせにご連絡ください。