スポンサーリンク

Windows公式の安全で確実な「Windows.old」フォルダを削除する方法

Windows公式の「Windows.old」フォルダを削除する方法のご紹介です。

スポンサーリンク

「Windows.old」フォルダとは?

「Windows.old」フォルダは、Windows 10の環境下で自動作成される特殊なフォルダです。

大型アップデート(Feature Update)やWindows7からのアップグレードを実行した際に自動作成され、アップデート(アップグレード)前のシステムデータが保存されています。

この保存されたデータを使うことで、Windows 10では、アップグレード(アップデート)前の状態にコンピュータを戻す機能を提供しています。

大変便利な機能ですが、システムデータと呼ばれる巨大なデータが保存しているため、数十GBの容量を消費します。

また、そもそも起動に失敗するレベルの問題が発生した場合は、このデータにアクセスすることができます。

特殊なデータのため、簡単には削除できないように設定されていますが、Windows公式の削除方法が公開されています。

よって、このページでは「Windows公式の Windows.old フォルダを削除する方法」をご紹介します。

「Windows.old」フォルダの削除方法

  1. エクスプローラ左側の PC をクリック
  2. ローカル ディスク(C:)」を右クリック、「プロパティ(R)」をクリック
  3. ディスクのクリーンアップ(D)」をクリック
  4. システムファイルのクリーンアップ(S)」をクリック
  5. 下にスクロール
  6. 以前の Windows のインストール」をチェック
  7. ファイルの削除」をクリック
  8. はい(Y)」をクリック
  9. しばらく待ちます。
  10. 画面が消えたら完了です。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信できない場合は、@halpas_blogもしくはお問い合わせにご連絡ください。