【Windows10】Spybotのトラッキングブロックツール「Spybot Anti-Beacon」

アンチスパイウェアソフト「Spybot Search & Destroy」で有名なSafer-Networking Ltd.が提供するWindows 10に搭載されたトラッキング機能を無効化するツール「Spybot Anti-Beacon」のご紹介です。

Spybot-Anti-Beacon-104

スポンサーリンク

Windows 10のトラッキング機能

Windows 10ではユーザの行動を監視しマイクロソフト社に送信する、トラッキング機能が強化されています。

従来のOSでも、ソフトウェアが異常終了した場合にエラー情報を送信する機能などが備わっていましたが、Windows 10では収集する内容が増え、無効化することが難しくなっていたり、無効化できなくなっていたりします。

Windows10をインストールする際の「簡単設定を使う」を使用しない、設定画面の「プライバシー」で変更可能な項目を無効化しても、送信を完全に遮断することができないため、問題となっています。

参考:Windows 10はプライバシー設定をオフにしてもMicrosoftのサーバにデータを送信していることが判明 – GIGAZINE


Spybot Anti-Beaconとは?

Spybot Anti-Beaconは、Windows10に搭載されたトラッキング機能を手軽に無効化するツールです。

アンチスパイウェアソフトとして有名な「Spybot Search & Destroy」のSafer-Networking Ltd.が提供するシンプルなツールで、マウス操作だけでWindows10のトラッキング機能を無効化します。

プライバシーに関する設定を変更するほか、hostsファイルに情報の送信先を追加して送信先のサーバに正常に接続できなくする機能も備わっています。

Spybot Anti-Beacon (10)

なお、OneDriveを無効化する機能も備わっていますが、私の環境では正常に動作していません。

Spybot Anti-Beacon (9)


Spybot Anti-Beaconの起動方法

  1. Spybot公式フォーラムより最新版のSpybot Anti-Beaconをダウンロード
    pybot-Anti-Beacon1.5
  2. ダウンロードしたSDAntiBeacon-x.exeを実行
    Spybot-Anti-Beacon-102
  3. ユーザーアカウント制御が表示されますが、はい(Y)をクリック
    Spybot Anti-Beacon (4)
  4. Spybot Anti-Beaconが起動します。
    Spybot-Anti-Beacon-104

Spybot Anti-Beaconの使い方

Spybot Anti-Beaconではブロックされていない機能がno Blocks yet!として表示されます。

簡単設定を使用しないでインストールし、設定画面の「プライバシー」内の項目をすべて無効化した状態ですが、5%しかブロックできていないようです。

Spybot-Anti-Beacon-104


Protectionタブ

Telemetry Hosts
トラッキングサーバへの接続をブロック
Telemetry Services
トラッキングサービスをブロック
Telemetry Group Policy
トラッキング関連のグループポリシーをブロック
Consumer Experience Improvement Program (CEIP) Group Policy:
Consumer Experience Improvement Program (CEIP) Scheduled Tasks:
Application Impact Telemetry (AIT) Group Policy

カスタマーエクスペリエンス向上プログラムをブロック
Steps Recorder Group Policy
問題ステップ記録ツールをブロック
Wi-Fi Sense (HotSpot Sharing) Group Policy
Wi-Fiセンサーをブロック
Apps use advertising ID
アプリの広告識別子使用をブロック
P2P Windows Updates outside local network
P2Pを使用したWindows Updateをブロック

すべてのトラッキング機能をブロックするには、右下のImmunizeをクリックしてください。

Spybot-Anti-Beacon-105


Optionalタブ

Optionalタブをクリックすることで、トラッキング機能以外のプライバシーに関する設定を変更できます。

Spybot Anti-Beacon (11)

無効化したい項目のApplyをクリックするとその機能の設定が変更されます。

Web Search Group Policy
スタート画面のウェブ検索
Cortana Group Policy
音声アシスタント機能「Cortana」
OneDrive Service
オンラインストレージ「OneDrive」
Remote Registry Service
レジストリのリモート編集

Spybot-Anti-Beacon-103

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントはありません

  1. どうもこんにちわ。検索してこちらのサイトを見つけ導入したものです。
    書いてある英単語を翻訳しても何が何やらで恥ずかしながら利用してはいるもののよくわからない現状であります。
    大変お手数ではありますが各項目について詳しい解説をお願いしたいのですができますでしょうか?

    • 八並穣一さん、コメントありがとうございます。

      Protectionタブについての内容を追記しました。ご確認ください。
      また、他にご不明な点がございましたらご連絡下さい。

      これからも当ブログをよろしくお願いします。

  2. こんにちは。
    Windows10のスパイ機能がいやで、導入を迷いつつ、どうにかその機能だけブロックする方法や、ツールを誰か作っていないかと、探していて、こちらにたどり着きました。
    Spy-botは、お気に入りでずっと使っているソフトだったので、とても嬉しく思うのですが、同時に、不安になるのは、Microsoftが、Updateで、このようなソフトの機能をさらにかいくぐるようなことは、今後考えられるでしょうか?
    Windows10の様々な新機能を試してみたいとは思いつつ、Spy-botで、スパイ機能をオフに出来ると分かっても、それでもMicrosoftが、それを放っておくのだろうか?と、導入をためらったりしてしまいます。

    • cm12さんコメントありがとうございます。

      関係者ではないため推測となりますが、十分にありえます。

      マイクロソフト社はWindows 10より更新プログラムの詳細を公開しない方針をとっています。
      参考:https://s.halpas.com/p1
      そのため、ブロック機能を回避する更新プログラムを配布されても気づくことができません。
      個人的な意見となりますが、Windows 10の利用はおすすめできません。

      これからも当ブログをよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です