【Gzip】サイトの圧縮状況が確認できる「HTTP Compression Test」

ウェブページがgzip圧縮に対応しているかを確認できる無料オンラインサービス「HTTP Compression Test」のご紹介です。
HTTP Compression Test (2)

スポンサーリンク

ウェブページのgzip圧縮とは?

ウェブページの「gzip圧縮」とは、その名の通りウェブページを「gzip」という圧縮方式で圧縮することです。

内容は変わりませんがファイルサイズが大幅に削減できるため、転送時間が短縮できサイトの高速化に繋がります。

また、ウェブページ(htmlファイル)に限定した話ではなく、ウェブコンテンツ(CSSファイルやJavaScriptファイル)にも適用可能です。

ただし、gzip圧縮はサーバ側とクライアント側の両方が対応している必要があります。


HTTP Compressionとは?

「HTTP Compression」は、WhatsMyIP.orgで公開されている無料オンラインサービスのひとつで、gzip圧縮の対応状況を確認できるサービスです。

WhatsMyIP.org | HTTP Compression TestWhatsMyIP.org | HTTP Compression Test

「HTTP Compression」を利用することで、指定したURLがgzip圧縮に対応しているかを簡単に確認することが可能です。

「サイトの高速化としてgzip圧縮を行ったが、実際に圧縮されているかを確認したい」といった際に便利なウェブサービスで、非圧縮時と圧縮時のそれぞれのファイルサイズを表示する機能も備えています。

HTTP Compressionの使い方

使い方は簡単で、確認したいサイトのURLを入力し、Testをクリックするだけです。

HTTP Compression Test (1)

また、その下の「Browser Compression Compatibility」で、利用しているブラウザがgzip圧縮に対応しているかの確認も可能です。

HTTP Compression Test (3)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です