主要オンラインストレージの速度比較

利用率の高いと思われるオンラインストレージサービス Dropbox、Google Drive、Onedrive、iCloud Drive、 Teraクラウド、MEGA、Sync.comの速度と機能の比較です。

Popularity OnlineStorage logos

スポンサーリンク

オンラインストレージサービスとは?

インターネット上のサーバにファイルを保管するオンラインサービスの一種で、保管されたファイルはパソコン、スマートフォンなど環境に関係なく参照、編集、ダウンロードすることができます。

ファイルを知人間で交換、共有したい場合など様々な用途で使用でき、その性質からデータのバックアップとして利用することもできます。


主なオンラインストレージサービス

国内に限定しても、数多くのオンラインストレージサービスが提供されていますが、そのシェアのほとんどは Dropbox と Google Drive 、Onedrive そして iCloud Drive が占めています。

Online Storage Services Share

シェアは多くはないようですが大容量の「MEGA」や純国産で高速な「Teraクラウド」も人気のようです。

世界には様々な特徴をもったオンラインストレージがあります。今回紹介していないサービスについてはこちらで紹介しています。よろしければどうぞ。

サービス名称容量アップロード速度ダウンロード速度
Dropbox2.5GB※0.49MB/s3.20MB/s
Google Drive15GB
(Gmailと共有)
6.18MB/s21.23MB/s
OneDrive5.5GB※0.12MB/s5.16MB/s
iCloud Drive5GB0.43MB/s11.53MB/s
Teraクラウド15GB※※4.29MB/s8.17MB/s
MEGA50GB0.46MB/s1.94MB/s
Sync.com6GB※0.21MB/s0.43MB/s
 紹介URL(名称のリンク)を経由した場合の容量です。
※※紹介コードを入力した場合の容量です。


Dropbox (公式サイト

Dropbox logo

オンラインストレージ業界の老舗で、定番です。速度や容量の点では他のオンラインストレージに劣っていますが、アプリや外部連携機能などオンラインストレージサービスといえば「Dropbox」というほど充実しています。


Google Drive (公式サイト

Google Drive logo

検索エンジン最大手「Google」が提供するオンラインストレージサービスです。アップ・ダウンともに高速で容量は15GBと比較的大容量です。ただ、容量はGmailのメール領域と共有されるので注意が必要です。


Onedrive (公式サイト

OneDrive logo

Windowsで有名な「マイクロソフト」が提供するオンラインストレージサービスです。 保管したWordやExcelファイルをブラウザ上で編集する機能が備わっています。残念ながら速度は期待できません。

追記:無料プランが15GBから5GBになりました。詳しくはこちら


iCloud Drive (公式サイト

iCloud Drive logo

iPhoneで有名な「アップル」が提供するオンラインストレージサービスです。iPhoneやiPadなどのアップル製品とはシームレスで使用できますが、WindowsやAndroidとの連携性は高くありません。

 


TeraCLOUD (公式サイト

TeraCLOUD logo

静岡県に本社を置く「ジャストプレイヤー株式会社」が提供する国産オンラインストレージサービスです。国内にサーバが設置されているため、他のサービスに比べ高速です。無料プランでは15GB(10GB + 紹介コード5GB)まで使用できますが、共有機能がありません。詳しくはこちら


MEGA (公式サイト

MEGA logo

MEGAUPLOADを運営していた「Mega Limited」が提供するオンラインストレージサービスです。 50GBと無料オンラインストレージサービスでは考えれれないほどの大容量が使用できます。


Sync.com (公式サイト

sync-logo-web

カナダの「Sync.com Inc.」が提供するオンラインストレージサービスです。 ゼロ・ナレッジ(Zero-Knowledge)と呼ばれる暗号化方式を採用しているため、サービス提供会社ですらデータの中身を見ることができません。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です