【追記あり】FTPに対応した大容量50GBのオンラインストレージ「Firedrive」

業界トップクラスの無料容量50GBを誇るオンラインストレージサービス「Firedrive」のご紹介です。

Firedrive (1)

スポンサーリンク

無料領域減少とサイト閉鎖
本記事で紹介する「Firedrive」の無料容量が50GBから20GBに減少しました。
追記(2017/1/12):公式サイトにアクセスできなくなりました。

オンラインストレージサービスとは?

提供会社がインターネット上のディスクスペースをユーザーに貸し出し、ユーザーは割り当てられたスペースに、インターネット経由でデータの読み書きを行なうことできるサービスです。

オンラインストレージ上のデータはパソコンやスマートフォンなどの複数の端末からのアクセスが可能で、家族や友人との共有も可能です。


Firedrive(Firedrive.com)とは?

「Firedrive」は、AdriveMEGAと並ぶ50GBの容量を持つオンラインストレージサービスです。

※「容量無制限オンラインストレージドライブ firedrive(firedrive.jp)」とは別物です。

50GBの大容量無料領域を誇る「Firedrive」は、特に共有機能が充実しており、ダイレクトリンク・ファイル埋め込み・ワンタイムダウンロード・パスワード制限などが可能です。

特にワンタイムダウンロードは一回限りの共有機能で、「他の人にファイルを渡したいけど・・・」といった方におすすめです。

唯一残念なところは、クライアントアプリがないことです。

速度はこちらの記事を参照して下さい。

【2017】無料オンラインストレージサービスの速度比較【随時更新】 | ハルパス【2017】無料オンラインストレージサービスの速度比較【随時更新】 | ハルパス

Firedriveの機能・特徴

  • 音楽・画像のプレビュー機能
  • 任意のファイルの共有機能
  • 公開ファイルのパスワード制限
  • 公開ファイルのワンタイダウンロード制限
  • FTP転送対応
  • 複数ファイルの同時アップロード・ダウンロード

Firedriveのアカウントの作成方法

  1. Firedrive公式サイトにアクセスし、Get 50GB Freeをクリック
    Firedrive (1)
  2. プランを選択し、Choose Planをクリック(無料プランは$0.00/month
    Firedrive (2)
  3. ユーザ登録画面に必要事項を記入し、Take me to my accountをクリック
    Firedrive (3)
  4. 登録したメールアドレスに認証用のアドレスが届くのでクリック
    Firedrive (4)
  5. Activate Accountをクリック
    Firedrive (5)
  6. 認証完了・アカウント作成完了です。
    Firedrive (6)

Firedriveのレビュー

FiredriveのWebインターファイスの簡単なレビューです。

Firedriveのホーム画面。日本語には対応していませんが簡単な英語が分かれば大体分かるレベルです。

Firedrive (7)

Firedriveのファイルマネージャーです。・・・どこかで見たアイコンですね

Firedrive (9)

Firedriveのアップロード画面です。ドラッグアンドドロップに対応しています

Firedrive (8)

Firedriveのファイルの設定画面です。アイコンで大体わかると思います。

Firedrive (10)

設定管理画面。・・・どこかで見たオン/オフ ラベルですね。

Firedrive (11)

FTPの設定画面。なお、ダウンロードには対応していません。

Firedrive (12)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です