【Google】IPv6の普及率(2014年)

2014年4月時点のIPv6の普及率に関する統計データのご紹介です。

World_IPv6_launch_logo

スポンサーリンク

IPv6の普及率について

このページではIPv6の普及率を表す、一つの指標としてGoogleへのアクセスの割合をまとめています。

日本のIPv6の普及率(Googleへのアクセス)は3.44%です。

世界のIPv6の普及率(Googleへのアクセス)は約3%です。

ISP別のIPv6の普及率(Googleへのアクセス)

事業者名 IPv6の割合
KDDI 14.35%
Softbank BB 2.49%
ctc 33.06%
So-net 2.07%
Sony Global Solutions 99.35%
IIJ 2.03%
iTSCOM 4.25%
bit-drive 7.98%
BIGLOBE 0.51%
TDNC 3.75%
star cat 11.61%
UCOM 0.44%
SINET 1.75%
Yahoo! Japan 63.20%
OCN/plala 0.03%
K-Opticom 0.14%
@Nifty 0.15%
Keio University 11.96%
TOKAI 0.10%
FreeBit 0.07%

2014年2月28日時点
IPv6普及・高度化推進協議会より


IPアドレス(IPv4)とは?

インターネットに接続するコンピューターには、ネットワークに接続するための「IP アドレス」と呼ばれる 一意の番号が割り当てられています。

現在の一般的なIPアドレスは、IPv4と呼ばれるプロトコル(きまり)によって管理されています。

IPv6とは?

近年ののIT化に伴いインターネットに接続するコンピューターの増加によって、このIPアドレス(IPv4)が枯渇、足りなくなってきています。

この問題を解決するための方法の1つに「IPv6への移行」があります。

IPv6は、約340澗(340兆×1兆×1兆)のIPアドレスが管理できる次世代の規格です。

なお、IPv4は約42億のIPアドレスを管理できます。


スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です