スポンサーリンク

「古いバージョンの Firefox を起動しています」の対処法

ダウンロードした Firefox を起動すると「古いバージョンの Firefox を起動しています」と表示されて起動に失敗する場合の対処法

スポンサーリンク

状況

Firedox をダウングレードして、起動すると以下のようなエラーが表示されて起動ができない。

古いバージョンの Firefox を起動しています

古いバージョンの Firefox を使用すると既存のプロファイルに保存されたブックマークやブラウジング履歴が壊れる可能性があります。これらの情報を保護するために、この Firefox 用に新しいプロファイルを作成してください。

[終了] [新しいプロファイルを作成]


原因と対処法

このエラーは「プロファイル」のバージョンが、起動した Firefox に対応していない場合に表示されます。

ブックマークや閲覧履歴、Firefoxアドオンを管理するプロファイルにも、Firefox本体同様にバージョンがあり、新しいバージョンのプロファイルは、古いバージョンのFirefoxでは使用することができません。

今回は、Firefox をダウングレードしたため、プロファイルのバージョンがFirefox本体より新しくなってしまったため、プロファイルを読み取りことができず、エラーとなっています。

対処法としては、

  1. 新しいプロファイルを作成する方法
  2. 互換性チェックを無効化して、強制的に起動する方法

の二通りがあります。

新しいプロファイルを作成する

「新しいプロファイルを作成する」方法は、表示されている「新しいプロファイルを作成」ボタンをクリックするだけで、Firefoxを起動することができます。

ただし、プロファイルは新規に作成されるため、以前のブックマークや履歴、Firefoxアドオンは使用できません。

互換性チェックを無効化して、強制的に起動する

「互換性チェックを無効化して、強制的に起動する」方法は、Firefoxのプロファイルのバージョンチェック機能(互換性チェック機能)を無効化して、強制的に古いプロファイルで起動する方法です。

この方法であれば、以前のブックマークや履歴、Firefoxアドオンを使用することができます。

ただし、非対応のプロファイルを強制的に起動するため、ブックマーク等が破損する場合があります。

今回はこのプロファイルの互換性チェックを無効化して、以前のプロファイルでFirefoxを強制的に起動する方法をご紹介します。

上記の通りデータが破損する恐れがあり、成功した場合でも、すぐにプロファイルのリフレッシュを行ってください。


プロファイルの互換性チェック機能を無効にする方法

  1. エクスプローラの起動し、上部の枠に %APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles と入力し、エンター(Enter)
  2. xxx.default-release という名前のフォルダのダブルクリック
  3. compatibility.iniを右クリック
  4. 削除(D)をクリック
  5. compatibility.iniというファイルが無くなっていれば完了です。

Firefoxのリフレッシュ

Firefoxは起動するようになりましたが、バージョンチェックを強制キャンセルした状態のため、リフレッシュをすることを推奨します。

リフレッシュ方法等は下記を参照してください。

参考:【Firefox】履歴やブックマークを削除せず初期化できるリフレッシュ機能 | ハルパス

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信できない場合は、@halpas_blogもしくはお問い合わせにご連絡ください。