スポンサーリンク

【Firefox】任意の要素の幅や高さを計測できる「Measure-it」

マウスで選択した部分の幅や高さを表示するFirefoxアドオン「Measure-it」の紹介です。

スポンサーリンク

Measure-itとは?

Measure-itは、Firefox に定規機能を追加するシンプルなFirefoxアドオンです。

ウェブページ上に表示されている画像のサイズや、特定の部分の長さを知りたいときに便利なアドオンで、追加される計測モードに移行することで、マウスで選択した部分の幅や高さを計測することができます。

Firefox の開発者機能を使うことで、任意の要素(画像や文字のサイズなど)のサイズを知ることもできますが、Measure-itは要素に限定せず、マウスで自由に選択した部分のサイズを表示します。


インストール方法

  1. アドオン配布ページ(Firefox公式サイト)にアクセスし、Firefoxへ追加をクリック
  2. 追加(A)をクリック
  3. OK!(O)をクリックしたら、完了です。

Measure-itの使い方

Measure-itのインストールが完了すると、メニューバーにアイコンが追加されます。

このアイコンをクリックするか、キーボードショートカット(Alt+Shift+M)を押すことで、計測モードに移行します。

計測モードでは、画面が全体的に暗くなり、マウスを長押しすることで、領域を選択することができます。

選択した領域は、黄色く表示され、その周りに縦・横のサイズが表示されます。(単位:ピクセル)

例:当サイトの右上を計測した場合

ESCキーを押せば、計測モードを終了し、通常モードに移行します。

黄色く表示される部分等の色は、アドオンの設定画面から変更することが可能で、キーボードショートカットも任意のキーに変更することができます。

 

 

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信できない場合は、@halpas_blogもしくはお問い合わせにご連絡ください。