スポンサーリンク

【Firefox】古い閲覧履歴だけを自動で削除するアドオン「History Cleaner」

Firefox の古い閲覧履歴だけを自動で削除してくれるFirefoxアドオン「History Cleaner」の紹介です。

スポンサーリンク

History Cleanerとは?

History Cleanerは、Firefox の古い閲覧履歴だけを自動で削除してくれるFirefoxアドオンです。

Firefox の標準機能で閲覧履歴を削除しようとすると、指定期間以内の履歴か、すべての履歴を削除することしかできません。

しかし、History Cleanerは逆に「指定期間以外」や「指定期間より古い」閲覧履歴だけを削除します。

設定は自動的に削除する日数を指定するだけのシンプルなアドオンで、標準機能ではできない「指定期間より古い」の閲覧履歴を自動削除します。

言い換えると、閲覧履歴に有効期限を設定し、有効期限が切れた古い閲覧履歴を自動削除するアドオンです。


インストール方法

  1. アドオン配布ページ(Firefox公式サイト)にアクセスし、Firefoxへ追加をクリック
  2. 追加(A)をクリック
  3. OK!(O)をクリックしたら、完了です。

History Cleanerの使い方

有効期限を設定する必要があります。

専用の設定ページや、設定用のアイコンは追加されないため、アドオン共有の設定ページから設定します。

有効期限を設定方法

  1. 右上の「」ボタンをクリック
  2. 「アドオン」をクリック
  3. 「History Cleaner」の「設定」ボタンをクリック
  4. 「Number of days to keep history (set to 0 to disable)」右横に有効期限を入力
  5. 設定の保存は必要ありませんので、以上で有効期限の設定は完了です。

履歴はいつ削除される?

History Cleanerが、有効期限切れとなった古い閲覧履歴を削除するタイミングは、アドオンの備考欄に記載されています。

Deletes history older than a specified amount of days.
This addon is inspired by and is a WebExtension port of Expire History By Days.
Set the number of days to keep history items in the options page. Setting it to 0 will disable history deletion. The deletion will occur when the browser goes idle (after 1 minute of inactivity).

引用元:History Cleaner – 🦊 Firefox (ja) 向け拡張機能を入手

※ブラウザがアイドル状態になったとき(1分間何も操作しなかった後)に削除が行われます。

スポンサーリンク

シェア:
フォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントが送信できない場合は、@halpas_blogまでご連絡ください。