【Google】個人情報を送らないセキュアなChrome「Superbird Browser」

Goolgeに使用統計情報を送らないChromiumブラウザ「Superbird Browser」のご紹介です。
superbird (18)

スポンサーリンク

Superbird Browserとは?

Google Chromeベースのカスタムブラウザ

「Superbird Browser」は、Google Chromeに搭載されている「インストールID」「クライアントID」などの個人識別子を、Googleに送信しないセキュアなChromiumブラウザです。

Superbird Browserが送信しない情報

  • インストールID
  • RLZ識別子
  • クライアントID
  • クラッシュレポート情報
  • Googleアップデート(バックグランド)
  • エラーページ情報
  • インスタンス検索有効時のURLや検索語句

Google Chromeと外観・操作性

Superbird Browserは、Chromiumを元にカスタマイズされているので、Google Chromeと変わらない外観と、各種機能を備えています。(個人情報送信機能を除きます)

なお、Superbird Browserには「Mac」、「Linux」版も存在します。


Superbird Browserの特徴・機能

  • Google Chromeと変わらない外観と操作性
  • Google Chromeとの同期機能を完備(Googleアカウントが必要です)
  • Googleへの情報送信機能を無効化
  • 自動アップデート機能を搭載
  • インストール不要なポータブル版が存在
  • 日本語に完全対応
  • Mac、Linux版

なお、同種のブラウザに「SRware Iron」や「Comodo Dragon」がありますが、SRware Ironは自動アップデート機能がなく、Comodo Dragonは開発が遅れているため、安全上おすすめできません。

詳しくはこちら

個人情報を送信しない安心のウェブブラウザ【Comodo Dragon】 | ハルパス個人情報を送信しない安心のウェブブラウザ【Comodo Dragon】 | ハルパス

Superbird Browserのインストール方法

  1. 公式サイトから最新版のSuperbird Browserをダウンロード
    superbird (2)
  2. ダウンロードしたsuperbird-setup.exeを実行
    superbird (3)
  3. セキュリティ警告が出ますが、実行(R)をクリック
    superbird (4)
  4. ユーザー アカウント制御が出ますが、はい(Y)をクリック
    superbird (5)
  5. OKをクリック
    superbird (6)
  6. 次へ(N)>をクリック
    superbird (7)
  7. ライセンス合意を同意して次へ(N) >をクリック
    superbird (8)
    superbird (9)
  8. インストール先に問題がなければ、次へ(N) > をクリック
    superbird (10)
  9. 次へ(N)>をクリック
    superbird (11)
  10. スタートメニューに登録する場所を選択して次へ(N) >をクリック
    superbird (12)
  11. 次へ(N) >をクリック
    superbird (13)
  12. インストール(I)をクリックして、インストールを開始
    superbird (14)
    superbird (15)
  13. 完了(F)をクリック
    superbird (16)
  14. 以上
    superbird (18)

Superbird Browserの簡単なレビュー

最初に説明しましたが、Superbird BrowserはGoogle Chromeと変わらない外観と操作性をもっています。

しかし、各種個人情報送信機能がなく、既定の検索エンジンが匿名検索エンジン「DuckDuckGo」になっていたりと、セキュアな設定となっています。

superbird (18)
superbird (1)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です