【Firefox】SSL対応ページでは常にHTTPSで開く方法

SSL/TLSに対応したウェブページでは常にHTTPSで開くようにするFirefoxアドオン「HTTPS Everywhere」のご紹介です。

Let's Encrypt

スポンサーリンク

ウェブサイトのSSL対応

GoogleやWikipedia、Twitterなどのサイトはその性質上、httpsでアクセスが出来るようになっています。

ですが、リンク経由の場合などはhttpsでない通信を行おうとする場合があります。

そのよう場合でも安全な通信を行うことができるFirefoxアドオンが「HTTPS Everywhere」です。

HTTPS Everywhereは、httpでアクセスしたウェブページがhttpsに対応している場合に、自動的にhttpsに切り替えてくれるアドオンです。

HTTPS Everywhereの機能

  • httpでアクセスしたサイトをhttpsに切り替える(対応サイトのみ)
  • 自動切り替えをサイトレベルで設定
  • 手動で追加
  • URLの書き換え(正規の使い方ではありませんが・・・)

HTTPS Everywhereのインストール方法

  1. アドオン配布ページ(Firefox公式)にアクセスし、Firefoxへ追加をクリック
    HTTPS Everywhere (1)
  2. インストール(I)をクリック
    HTTPS Everywhere (2)
  3. 今すぐ再起動(R)をクリックして、Firefoxが再起動します。
    HTTPS Everywhere (3)
  4. Firefoxが起動すると、オプションが表示されるのではい(Y)をクリックしたらインストールは完了です。
    ※この設定は中間者攻撃に関する設定です。
    HTTPS Everywhere (4)

HTTPS Everywhereの使い方

特に設定などは必要ありません。

一時的に無効化したい場合などは、右上に追加されたアイコンをクリックしてください。

HTTPS Everywhere (6)


手動追加はできなくなりました。
Firefoxのアドオン署名導入に伴い、自作した設定の追加はできなくなりました。

手動で追加する方法

Firefoxのプロファイルフォルダ内のextensions\https-everywhere@eff.org\chrome\content\rulesを開く

例: Windows7 の場合

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\ランダムな英数字.default\extensions\https-everywhere@eff.org\chrome\content\rules

その中に適当な名前でファイルを作る(メモ帳でOK)

内容は例えばhttp://www.example.comだったら

<ruleset name=”www.example.com”>
  <target host=”*.www.example.com” />
  <rule from=”^http://(www.)?example\.com/” to=”https://www.example.com/”/>
</ruleset>

と書けばOKです。


また、正規表現で書く必要がありますが下のことだけわかっていればOKです。

<ruleset name=”www.example.com”> (設定に表示される名前)
<target host=”*.www.example.com” /> (適用されるドメイン)
<rule from=”^http://(www.)?example\.com/” to=”https://www.example.com/”/>
(実際の動作)
“.” は “\.”と書く(.だけだと×)

スポンサーリンク

シェア:
フォロー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です